2024年シニアの突撃ヘラ釣り日誌


釣果データ2024年4月24日(水)分

白井市の水光園 ヘラ 105 累計2,081釣行3461/余り7枚。ダブル3回。100枚以上今季7回目。真冬の釣り

釣り方 バランスの底釣り両ダンゴ

入園した時刻 601分 

釣り時間 63013307時間00分の釣り15枚/1時間

朝の水温 18℃ 

朝の気温 15 午後200分で15。気温上がらないです。防寒服着用。カイロ使用。朝から雨、ときどき本降り。東の風ややありました。

釣り座 74 

 シマノの景仙・桔梗10。ハリ、オーナー改良スレ糸付3号茶バリ28cmオーナー改良スレ糸付金バリ235cmハリス0.6

ウキ 尺半#7 真冬のウキ

エサ (ダンゴの冬100cc+α21 20cc)+(水120cc)+(バラケマッハ100cc3回作りました。真冬のエサ

一昨日よりも陽気は寒いです。

なので、朝一から、真冬のウキ、真冬のエサ、で釣りました。ウキはしっかりとナジミます。戻したウキにチクッとアタリます。本日はこれが食いアタリ。もう一つは食い上げアタリ。終日この二つで釣れました。ときおり、消し込みもありました。

ナジミ後、1530カウント(秒)ほどで食いアタリが出ます。本日は誘いませんでした。ウキをじっと見つめて、アタリの瞬間を待ちました

ときどき、本降りになります。ザワザワと雨の音。ただし、本降り中に荒食い。やはり、降っている間がチャンスです。

時季としては、夏用のエサと夏用のウキでいいのですが、本日も、2日前と全く同じタックルで釣れています。オモリの重いウキに2回替えてみましたが、按配は良くなかったです。

私の対岸と左右に釣り人は誰もいません。ということで、食い気のあるヘラは私のウキの下に集まったようです。食い渋りなどは終日ありませんでした。

雨の合間を見て、釣果次第で納竿致しました。夕方まで釣ればもっと数は増えますが、体力温存、ということで、早上がり致しました。

釣果データ2024年4月22日(月)分

白井市の水光園 ヘラ 73 累計1,976釣行3359/余り29枚。ダブル回。クチボソ1尾。

釣り方 バランスの底釣り両ダンゴ

入園した時刻 603分 

釣り時間 63013307時間00分の釣り10.42枚/1時間

朝の水温 18℃ 

朝の気温 14 午後200分で18℃。防寒服着用。カイロ使用。朝から雨、11時過ぎから曇り。北東の風ややありました。

釣り座 77 

 シマノの景仙・桔梗10。ハリ、オーナー改良スレ糸付3号茶バリ28cmオーナー改良スレ糸付金バリ235cmハリス0.6

ウキ @尺半 #9A尺半#7→B尺半#8 

エサ Cダンゴの冬100cc+ダンゴの夏100cc+ヘラスイミー100cc+α21 20cc+(水180cc+(バラケマッハ100cc1回作りました。たくさん余りました。D(ダンゴの冬100cc+α21 20cc)+(水120cc)+(バラケマッハ100cc3回作りました。

本日もやや食い渋り。

朝一はCのエサと@のウキで始めました。つまり、夏バージョンのタックル。30分釣って、食いアタリゼロ。ウキはやや少しだけ動きます。夏バージョンのエサはすべて捨てました。本日はダメ、と見切りました。

しびれを切らせて、Dのエサを作りました。ウキはAにしました。これは全く真冬のタックル。なのに、ウキはしっかりとナジミます。へぇーっと思いました。ヘラの活性が低いためでしょう

誘いながら釣りました。カチッと半目ほどしっかりとアタリます。これは楽しく、嬉しいです。冬の釣り。@のウキでは出せなかったアタリ。

1回目のDのエサで、ちょうど35枚、情報交換しながら、2回目のエサを作ると言ったら、お隣りさんが、数を聞きましたので、そう、答えました。2回目のエサを作って35枚ちょうど。判で押したような同釣果。合計70枚。

昼前から、ヘラの寄りが少し多くなったようです。これは投入していて分かるのです。

なので、クチボソも多くなったので、Bのウキを出しました。オモリが多くなったので、ナジミ方がちょっと違います。そうしたら今度はツンが出ます。

なんのかんのと言いながら、3回目のエサを作ってしまいました。まあ、やる気は十分だったわけです。

ところが、午後1時半の時点で73枚、これでは時速10枚ほどのペースなので、あと1時間半釣っても大台には届かないので、思い切って納竿。

体力温存です。夏バージョンのタックルで入れ食いになる日を期待して、ともかく、本日は納竿としました。

私の左に6席空けて宙釣り、友人、ほぼ、入れ食い。私の2倍を釣らないとトントンの勝負にならない、と言いながら釣っています。素晴らしい言葉です。

近くで一緒できましたので、とても参考になりました。今後ともよろしくお願いいたします。

釣果データ2024419日(金)分

白井市の水光園 ヘラ 62 累計1,903釣行325/余り15枚。ダブル回。

釣り方 バランスの底釣り両ダンゴ

入園した時刻 602分 

釣り時間 63013307時間00分の釣り8.85枚/1時間

朝の水温 18℃ 一昨日より0.5℃高いです

朝の気温 14 午後200分で24℃。防寒服着用。カイロ使用。晴れ。北北西の風の強風。葉っぱなど浮遊物多数、寄ってきました。釣り辛いです

釣り座 74 本日はやや食い渋り。

 シマノの景仙13尺(25枚、枯葉など浮遊物のため)→シマノの景仙・桔梗10尺(32枚、やや食い渋りなったため)→オリンピックの白眉14尺(5枚、14尺の底、確認のため)。ハリ、オーナー改良スレ糸付3号茶バリ28cmオーナー改良スレ糸付金バリ235cmハリス0.6

ウキ 尺半 #9 

エサ (ダンゴの冬100cc+ダンゴの夏100cc+ヘラスイミー100cc+α21 20cc+(水180cc+(バラケマッハ100cc2回作りました。たくさん余りました。

朝から強風。今のところ、浮遊物などなし。よって、一番で13尺を出して釣りました。前回のような食いアタリの頻発はありません。ポツンポツンと釣れます。

段々と浮遊物が多くなって、ウキを立たせるのに時間がかかります。そのうちにアタリも少なくなってしまいました。

なので、風対策もあって、10尺にしました。ウキが目の前にあります。浮遊物が多くならないうちに少しでも多く釣る気持ち。

エサ作りとアタリの取り方は前回と同様。まあまあ、うまくいっています。

宿の人が来て、浮遊物の除去作業。私の前はともかく浮遊物だらけでウキが立ちません

そこで、早めの昼食を摂りながら除去作業を眺めていました。一応、ウキが立つだけのスペースは出来たので釣りを再開。宿の作業に感謝。

風が凄くて、しかも、風向が定まらず、風が回っています。浮遊物が右に行ったり、左に行ったり、前方へ行ったりと、あわただしいです。その間隙を見極めて振り込みとアワセを繰り返しました。

昼過ぎになって、にっちもさっちもいかなくなった時、2回目の浮遊物の除去作業をしてくれました。これはとても助かりました。思わず、お礼を言いました。

そこで、最後の、上りベラを釣ることと、14尺の底を確めたいと思って、思い切って14尺を出しました。このエリアでは使ってよい最長のサオ。13尺よりも浅いです。枯葉の間にウキがあって、枯葉に押されてウキが動きます。なので、サオを手前に引いて、浮遊物からウキを引きはがします。それが、結構な誘いになっていて、ときおり、明確なツンが入りました。5枚追加して納竿。底の確認ができました。

本日は7時間という時間で上がりました。前回が同場所で同釣り時間で103枚でしたので、釣果としては60%程のものになりました。

強風と大量の浮遊物のため、本日はこのくらいで、納竿してよかったと思いました。

ヘラの型は、大型ゼロ、良型少々、30pほどの痩せたヘラが多数でした。大型はどこへ行ってしまったのでしょうか。こんな日並の日もあります。

対岸は正面からずっと右の方に、宙宙底、宙宙宙でした。その他は見えませんでした。宙の人はペースよく釣れていたと思いました。一人だけ底から宙に変更した人がおられました。

釣果データ2024年4月17日(水)分

白井市の水光園 ヘラ 103 累計1,841釣行31
5/余り12枚。100枚以上今季6回目。ダブル2回。

釣り方 バランスの底釣り両ダンゴ

入園した時刻 601分 スマホの時刻で確認、記録に残すために今後も掲載

釣り時間 63013307時間00分の釣り14.71枚/1時間。よく食いました。

朝の水温 17.5 一昨日より1℃高いです。水色、ササニゴリ

朝の気温 17 午後200分で25℃。防寒服着用、暑くて脱ぎました。晴れ。7時頃に30分ほど時雨れました。南の風少々。午後1時半頃から南東の風が強まりました。押し波が出たので納竿。

釣り座 74 412に大釣りした場所。本日も良く釣れました

 シマノの景仙・桔梗10尺(45枚、アタリが少なくなったため)→シマノの景仙13尺(30枚、アタリ少なくなったため)→シマノの景仙・桔梗10尺(28枚)。ハリ、オーナー改良スレ糸付3号茶バリ28cmオーナー改良スレ糸付金バリ235cmハリス0.6

ウキ 尺半 #9 ボディ寸法9pのウキ、ムクトップ。

エサ (ダンゴの冬100cc+ダンゴの夏100cc+ヘラスイミー100cc+α21 20cc+(水180cc+(バラケマッハ100cc2回作りました

エサと時間が余りましたが、雷雲が近づいた気がしたので、急いで納竿。100枚釣れていたので満足でした。中央の池の人も、パラソルを仕舞って、帰り支度。私よりもちょっと早いです。

本日のエサは@小分けして、手水を2回足して、それを40回ほどしっかりと練ってAそれに、さらに手水を1回足して、さらに40回程練って、水分がやや少なめの軟らかい、粘りを出したエサに仕上げました。

これであれば、ヘラに触られても「芯残りするエサ」になっていますので、もしも、エサ落ち目盛りが出たとしても、チクッとかモゾッとかの小さなアタリを見極められたので、続けて何枚も釣れてきました。

以上のエサ作りは、ここ3回ほどこのようにして仕上げて成功しています。今後もこれで釣れればいいのですが、ヘラの活性次第で不発のこともあります。

本日の食いアタリは@ツンAチクッB食い上げC消し込みなど4種類でした。AとBがもっとも多かったです。

対岸の中央の池の人の釣りはよく見えませんでした。

釣果データ2024年4月15日(月)分
白井市の水光園 ヘラ 78 累計1,738釣行3057/余り28枚。クチボソ5尾、ダブル2回。

釣り方 バランスの底釣り両ダンゴ

釣り時間 63014308時間00分の釣り9.75枚/1時間

朝の水温 16.5 1℃高いです。水色、ササニゴリ

朝の気温 11 午後300分で24℃。防寒服着用。カイロ使用。パラソル使用。晴れ。南西の風少々。午後2時半頃から南西の風が強まりました。納竿して正解。

釣り座 47 

 シマノの景仙・桔梗10尺(4枚、アタリが気に入らないため)→シマノの刀春16尺(74枚)。ハリ、オーナー改良スレ糸付3号茶バリ28cmオーナー改良スレ糸付金バリ235cmハリス0.6

ウキ 尺半 #9 ボディ寸法9pのウキ、ムクトップ。

エサ (ダンゴの冬100cc+ダンゴの夏100cc+ヘラスイミー100cc+α21 20cc+(水180cc+(バラケマッハ100cc2回作りました30分ほどの分が余りました。

このエリアは久しぶりの釣り。様子見。

10尺ではじめましたが、食いアタリが気に入りませんでした。

ということで、思い切って16尺にしました。

食いアタリはしっかりと出ます。@ツンAエサ落ちが出てからのモジッ、の二つで終日、釣りができました。

午前と午後に食い渋りの時間帯が1回ずつ出てしまいました。いつもであれば、サオを替えて釣りをしましたが、本日は、そのまま続行。しばらくぶりに、サオを替えないで納竿まで釣りました。

対岸は宙釣りが二人。入口方面はよく見えませんでした。

宙釣りの友人が入口近くで釣れていたように見受けました。

釣果データ2024年4月12日(金)分

白井市の水光園 ヘラ 153 累計1,660釣行2957/余り7枚。クチボソ尾(スレ)、ダブル2回。100枚以上今季5回目。2022.8.29 162枚以後2年ぶりの大釣り、2020.11.13 151枚以後4年ぶりの大釣り

釣り方 バランスの底釣り両ダンゴ

釣り時間 63015008時間30分の釣り18枚/1時間

朝の水温 15.5℃ 水色、ササニゴリ

朝の気温 13 午後330分で16℃。防寒服着用。カイロ使用。曇り、のち、時々、晴れ間、正午〜2時半まで雨。東寄りの風少し。風波はありませんでした。

釣り座 74 屋根の下。入れ食い

 シマノの景仙・桔梗10尺(88枚、クチボソが続けて釣れたため)→シマノの景仙13尺(65枚)。ハリ、オーナー改良スレ糸付3号茶バリ28cmオーナー改良スレ糸付金バリ235cmハリス0.6

ウキ 尺半 #9 ボディ寸法9pのウキ、ムクトップ

エサ (ダンゴの冬100cc+ダンゴの夏100cc+ヘラスイミー100cc+α21 20cc+(水180cc+(バラケマッハ100cc回作りました。たくさん余りました。

予定の釣り座は底浚いらしくて通過。段々と奥へ進み、パラソルを持ってこなかったので、もしかして、雨がきたら、と思い、最終的に74番へ。

結局、この判断が大正解。正午から雨、時々、本降り。74番で良かったです。

対岸で釣っていた顔なじみの底釣りの人、顔が合えばあいさつ程度はする方、とても釣れていたのに、パラソルなしで、濡れて我慢できなくて納竿。気の毒に思いました。天気情報が恨めしいでしょう。

本日は、「超」の字がつく「入れ食い」。誘いを掛けるなどは本日は関係なし。一日でたったの数回だけ誘っただけ。

本日のような荒食いの日は、なまじ、誘わない方が良いのです。1020カウント(ナジミ後20秒まで)ほどで、黙っていても、ツンが入ります。誘いをすると、食い気が立っている「地合い」が崩れてしまうと恐れたわけです

10尺でやや食い渋った時に誘いをしただけです。ペースダウンしたので、13尺に変更。こちらも、切れ目なしに釣れてきます。

本日のような日に釣りに来たのは「大当たり」だったわけです。雨に降られて納竿された方たちは本当に気の毒だったと思いました。パラソルを出して釣っていればいいのに、と思ったほどでした。

釣れたヘラは交り、玉網不要の小型が4枚、超大型旧ベラ1枚、その他は30p前後の中型でした。

中型・小型のほうが釣果は伸びるのです。

次回もこのようになるとは限りませんが、次回がとても楽しみになりました。

釣果データ2024年4月10日(水)分

白井市の水光園 ヘラ 70 累計1,507釣行2853/余り23枚。クチボソ2尾、ダブル2回。

釣り方 バランスの底釣り両ダンゴ

釣り時間 63014007時間30分の釣り9.33枚/1時間

朝の水温 15℃ 水色、ササニゴリ

朝の気温 7 午後230分で21℃。防寒服着用。カイロ使用。冬支度。晴れ。無風、のち、北東の風やや強く、のち、東の風約m以上か。風が強まって、右から左への押し波が激しく、釣り辛くなりました

釣り座 80 期待した場所ですが、中途半端でした。今後もチャレンジしてみます。

 オリンピックの白眉14尺(44枚、風波と食い渋りのため)→シマノの景仙・桔梗10尺(5枚、底が釣り辛いため)→シマノの景仙13尺(21枚)。ハリ、オーナー改良スレ糸付3号茶バリ28cmオーナー改良スレ糸付金バリ235cmハリス0.6

ウキ 尺半 #9

エサ (ダンゴの冬100cc+ダンゴの夏100cc+ヘラスイミー100cc+α21 20cc+(水180cc+(バラケマッハ100cc回作りました

ほぼ、エサ切れ状態で納竿。3回目は作りませんでした100枚には届かない見込みのため早上がり

昨日の大雨の影響はあったと感じています。

朝一は14尺で入れ掛かり。風が出てきて、やや食い渋りになりました。辛抱してポツポツと釣りました。釣れる時のアタリは明確。

振り込みがしづらいので、食い渋ったので、両方の理由で10尺にしました。足元からのエアーに押されて、そして、10尺の底がデコボコしています。

5枚だけ釣って、昼飯を食べて、トイレに行って、そして、13尺を出しました。ここも底が凹凸あり。水車の近くが深くて浅い方が食いアタリが良くて、やや左を向いて釣りました。風と波は右からですから、丁度良いです。

13尺でダブルが2回もありました。ですが、数はあまり伸びないです。20cmほどの、玉網が不要のサイズが3枚釣れました。小さいです。しっかりアタルから、まあ、いいかっ、と思いました。

本日の型は、特大はいないです。30pほどの中型主体。

対岸は、底釣りから宙にした人が一人、ポツンポツン、その右に底、底、底、宙。入口近くの左岸に宙一人、底一人。宙は入れ食いだったとのこと。底はポツポツ。

気候が安定すれば、ヘラの機嫌も良くなるはず。

釣果データ2024年4月8日(月)分

白井市の水光園 ヘラ 107 累計1,437釣行2753/余り6枚。荒食い。100枚以上今季4回目。クチボソ2尾、猫のエサ。

釣り方 バランスの底釣り両ダンゴ

釣り時間 63015008時間30分の釣り12.58枚/1時間

朝の水温 15.5℃ 少し高くなっていました。水色、ササニゴリ

朝の気温 16 午後330分で21℃。防寒服着用。カイロ使用。パラソル使用。朝一、曇り、のち、ときどき晴れ間、午後一時小雨。無風状態、のち、北東の風。私のエリアまで押し波はありませんでした。ラッキー。

釣り座 78 

 オリンピックの白眉14尺→シマノの景仙・桔梗10。ハリ、オーナー改良スレ糸付3号茶バリ28cmオーナー改良スレ糸付金バリ235cmハリス0.6

ウキ 尺半 #9尺半 #10 

エサ (ダンゴの冬100cc+ダンゴの夏100cc+ヘラスイミー100cc+α21 20cc+(水180cc+(バラケマッハ100cc回作りました。エサは余りました。

風弱く、波なし、釣り日和。荒食い。

元エサを小分けして、手水を足しながら、押したり練ったり、どちらかと言うと、仕上がりのタッチはしっとりねっちりのエサ、終日、これで釣れました

ウキのナジミが段々と浅くなったので、一回り大きなウキに変更。真夏に使う#10のウキ。ツンが多発。

遅れてきた友人が傍で見ています。情報交換。誘いをかけると、明確なツンが入ります。凄いですね、とおっしゃいます。朝からこんな調子

60枚を超したところで、14尺のエリアがやや食い渋りになりました。せっかちな私は、これが、待てないです。食いアタリがなくなるとストレスが溜まります。

ということで、10尺を出しました。10投ほど寄せエサ打ち、7投目で釣れましたが、かまわずに10投まで打ちました。その後はほぼ入れ食い。#10の大きなウキでツンが出ます。

本日のヘラは活性が高いです。あっちで、ぼちゃーん、こっちで、バチャバチャ、とヘラが賑やかです。

水面は泡でいっぱいになっています。こんな日もあるのですね。

私の右に13席空けて16尺のウドンの底釣り、とてもいいペースで釣れています。その中にサオを短くしました。そして、今度は右隣りの席に移動して、ロープの際を長ザオで釣っています。釣れていました。

私の友人は長ザオの宙釣り、ほぼ、入れ食い。私が見るたびにサオを絞っています。

帰りに私の荷物を友人が運んでくれました。ありがとうございました。訊いたところ、気持ちよく釣ったとのこと、入れ食いだったと言います。後から来ましたが、私と同じくらいは釣れたのではないでしょうか。

次回が楽しみです。
釣果データ20244月5日(金)分

白井市の水光園 ヘラ 77 累計1,330釣行2651/余り4枚。朝一、食い渋り、のち、時間10枚ペース。

釣り方 バランスの底釣り両ダンゴ

釣り時間 63015008時間30分の釣り9.05枚/1時間

朝の水温 15 少し高くなっていました。

朝の気温 12 午後330分で12。気温低いです。防寒服着用。カイロ使用。朝一、曇り、のち小雨。無風状態、のち、北東の風やや強い。11時過ぎから風弱くなる。

釣り座 71 

 シマノの景仙・桔梗8尺(40枚、やや食い渋りになったので)→オリンピックの白眉14尺(37枚)。ハリ、オーナー改良スレ糸付3号茶バリ28cmオーナー改良スレ糸付金バリ235cmハリス0.6

ウキ 尺半 #8尺半 #7 

エサ @ダンゴの冬100cc+ダンゴの夏100cc+ヘラスイミー100cc+α21 20cc+(水170cc+(バラケマッハ100cc回作りました。エサは余りました。A(ダンゴの冬100cc+α21 20cc)+(水120cc)+(バラケマッハ100cc1回作りました。エサ切れで納竿しました。

本日は、入口近くでテントを張って、暖かい釣り座で、のんびりと、と構えていたら、入口の池は底浚いの予定とかで、やむなく、テントを持ったまま、奥へ奥へと進んで、結局、屋根のある釣り座71番になりました。予報通りであれば、北東の風mなので、風と押し波を覚悟しなければならない釣り座でしたが、まあ、いいかっ、と言うことで、何とかなるさ、と道具を拡げました。

朝一は、わりと静かでした。風予想なので、長ザオは敬遠して8尺を出しました。アタリは見やすいです。

朝一は、食いアタリ少なく、席空けて隣りに座った友人もアタリなし、とかでした。

その後は何とかかんとか釣れていましたが、#8のウキでトップの細い感度の良いウキを使用していましたが、暫くして、アタリが気に入らなくなって、#ですが、ややオモリが少なくて、トップが最初のウキよりも太いウキをつけました。

今度はウキが沈没することがないので、エサをやや大きくつけて、トップが徐々に戻って来るのを待って、結果としてトップをたくさん出して、エサ落ち目盛りから目盛り上付近の目盛りでアタリを積極的に出すように致しました。

これが結構いい感じで釣れてきて、10時前後は入れ食い時間がありました。

しかしながら、11時前になって、食いアタリがどうしても出ない状況になってしまったので、ヘラの回遊が途切れた、と判断して、思い切って、14尺を出しました。お隣りさんが、鈴木さんは、その辺の思いっ切りがいいんだよなあ、とおっしゃっていましたが、私としてはダメ元で、ダメなら戻せばよい、という考えでしたので、変更はすぐにできました。タックル変更は目安として3分以内の積りです。

14尺ではエサ打ちだけは20投継続して、これは#のトップの太いウキで投入しました。15投辺りで触りが出ました。

食わせエサは@とは別にAの真冬用のエサを作りました。ウキも真冬用の#の小さなウキを出しました。本日の釣れ具合では、中層で仕掛けを持っていく元気の良いヘラは少ないものと思ってそうしましたが、やはりそうで、しっかりと馴染んで、食いアタリは明確、と言う釣りになりました。

途切れ途切れにアタリの少ない「瞬間」が出来てしまいますが、エサ打ちを続けると5分位で、すぐにアタリが回復する、という繰り返しでした。1回に5枚は釣れました。

北東の風がやや強い時間もちょっとだけありましたが、一生懸命に振り込んで、釣りを続行できました。

上りは3時ちょっと前ですが、Aのエサのエサ切れで納竿致しました。本日はどちらのエサでもよく釣れましたが、Aのエサと#のウキでこんなに良い釣りが出来るとは思いませんでした。

ウキとエサとサオは臨機応変に交換してみるものだと、改めて、思い知った一日でした

隣りの席の友人は、始まりが遅くなってしまったのですが、途中、いいアタリが出た時間帯があって、釣果は40枚ほどだったと思っています。

釣果データ2024年4月3日(水)分

白井市の水光園 ヘラ 102 累計1,253釣行2550/余り3枚。とてもよく釣れました。100枚以上今季3回目。大きなクチボソ2尾。

釣り方 バランスの底釣り両ダンゴ

釣り時間 63014308時間00分の釣り12.75枚/1時間

朝の水温 14.5 高くなっていました。モシカシタラ??と思いました。水色、澄み

朝の気温 10 午後300分で14℃。防寒服着用。カイロ使用。朝一、曇り、10時過ぎから小雨。無風状態。

釣り座 77 

 オリンピックの白眉14尺(48枚)→シマノの景仙・桔梗9尺(54枚)。ハリ、オーナー改良スレ糸付3号茶バリ28cmオーナー改良スレ糸付金バリ235cmハリス0.6

ウキ 尺半 #8 ボデイ寸法8pのウキ、ムクトップ。

エサ (ダンゴの冬100cc+ダンゴの夏100cc+ヘラスイミー100cc+α21 20cc+(水170cc+(バラケマッハ100cc回作りました。エサは余りました。エサの消費量は多かったです

昼前から雨予想なので、77番に座りました。パラソルもテントも必要なしです。

水色は澄みなので、気持ちとしては期待感がありました。

風と雨がくるまえに、14尺を出して楽しもうと思いました。これが、ほぼ、入れ食い状態。このエリアで14尺としては珍しい食い方です。ウキの右に、少し離れて、水車の羽根が見えます

まあ、釣れるから、いいかっ、ということで続行。左に席空けて、底釣り、ウドン、10尺が一人入りました。

私の釣りは、元エサを小分けして、手水を足して、練ったものです。ウキの動き具合を見ながら、手水の量を加減して、食いアタリのしっかりと出るタッチに揃えました。やはり、エサ次第です

14尺は食いが悪くなって、ウキは動くのですが、ヘラではないようです。そうこうしているうちに、とても大きなクチボソが釣れました。上バリを食っています。それでようやくあきらめて、今度は9尺にしました。エサ作りは14尺と同様。

隣りの人が、スレばっかし、と嘆いています。まあまあまあ、と私。すごいペースで釣れてますねー、とおっしゃいます。

私としては、なにか、隣りの方が、気の毒に思えてきました。しかし、口に出して言えないので、ただ、ひたすら、釣りました。

そのうちに、隣りの方も、ポツポツポツと釣れるようになりました。まぶし粉の付け方など、いろいろと、工夫されたようです。

午後2時半近くなって、家族からの「カエレコール」、何か、地震があったとのこと。

情報不足ですが、これで、本日はもういいかっ、と思って、少し早上がり致しました。

本日の釣り座は、入口近くを予定しましたが、雨天と南風予想でしたので、77番にしたわけで、これは、結果オーライで、こんな幸運に恵まれることもあるのだと嬉しく思いました。

私が帰るときに、隣りの人は、まだまだ、やる気十分で、釣りを続行されていました。

釣果データ202441日(月)分

白井市の水光園 ヘラ 109 累計1,151釣行2447/余り23枚。荒食い。100枚以上今季2回目。

釣り方 バランスの底釣り両ダンゴ

釣り時間 63015008時間30分の釣り12.82枚/1時間

朝の水温 14℃ 高くなっていました。しめたと思いました

朝の気温 13 午後330分で15℃。防寒服着用。カイロ使用。朝一、小雨、のち、雨強い。9時過ぎに晴れ。午後、2時過ぎから曇り、3時直前に雨になり、上りました。北寄りの風、午後南東の風やや強いです。

帰路はずっと雨。途中、雷雨、本降り、どしゃ降り、15分程、ボンネットを激しくたたくような雹がたくさん降りました。

釣り座 122 一番右端の席

 シマノの刀春17尺(75枚、やや食い渋りになったため思い切って)→シマノの景仙・桔梗10尺(34枚)。ハリ、オーナー改良スレ糸付3号茶バリ28cmオーナー改良スレ糸付金バリ235cmハリス0.6

ウキ 尺半 #8 ボデイ寸法8pのウキ、ムクトップ。

エサ (ダンゴの冬100cc+ダンゴの夏100cc+ヘラスイミー100cc+α21 20cc+(水170cc+(バラケマッハ100cc回作りました。エサは余りました。エサの消費量は多かったです

一番右端の席、浅い場所。「いよいよ」と言うか、「とうとう」と言うか、「やっと」と言うか、ともかく、この席で待ち望んでいた大釣りができました。何度も座っていた甲斐がありました。

朝一で雨が降ってきて、あわててパラソルを出して、水温測定していたら、14℃もありました。

ならば、と、夏用のブレンドにしました。これが大当たり。

久しぶりに、ヘラがウキの下に「たっぷりと」寄っている感触がするのです。途中でちょっと触って、ウキがナジンだら、2030秒以内で、ツンが出ます。アワセに、空振りがとても少ないです。ですから、早くなじませるために、冬用の軽いウキは使えません。

晴れてきたので、パラソルは畳んで、振り込みと取り込みが楽になりました。ともかく入れ食い。

対岸に短ザオの底釣り、ウドン、ポツポツと結構いいペースで釣れています。

本日のような日並の日は、飛び飛びにしか、ありません。いつも、次の釣行では貧果という繰り返し。

なので、午後3時までみっちり、釣ってしまおうと思っていたのですが、3時前になってポツポツと雨。南の空は真黒な雲。

これはまずい、と思って、帰り支度。対岸の人も仕舞っています。二人で雨と競争。バラバラと降ってきます。

奥の池に宙釣りの友人、ヘラが寄りすぎてヘラを掻き分けるのに大変だったらしいです。ともかく友人も入れ食いとのこと。店の情報。

本日は、予想外の大釣りでした。このような日にあたったことは、とてもラッキーだと思いました。
釣果データ2024年3月30日(土)分

白井市の水光園 ヘラ 24 累計1,042釣行2345/余り枚。食い渋り。

釣り方 バランスの底釣り両ダンゴ

釣り時間 63014308時間00分の釣り枚/1時間

朝の水温 12 

朝の気温 10 午後300分で24℃。防寒服着用。カイロ使用。晴れ。北寄りの風、午後南東の風。陽気は暖かいです。

釣り座 71 日陰になるので暑さを回避できます。

 14尺(0)→尺(12枚)→尺(10枚)→10尺(0)→14尺(2枚)。ハリ、オーナー改良スレ糸付3号茶バリ28cmオーナー改良スレ糸付金バリ235cmハリス0.6

ウキ 尺半 #7 

エサ (ダンゴの冬100cc+α21 20cc+(水120cc+(バラケマッハ100cc回作りました。エサは余りました。

結局、本日は、サオを試す釣りになってしまいした。10尺だけが釣果でした。悔しいので、時間はなかったですが、最後に14尺を出して2枚釣って終わりにしました

対岸に、段底、底、底、底、底、と言う具合でしたが、食い渋りだとおっしゃっていました。同感でした。

元エサを3050回はしっかりと練って、粘りを出して、軟らかいエサで、誘いを5回程度はしっかりとやれて、しかも、ウキが戻ってこないような、感じとしては、「カンタン」のようなタッチのエサを作ったつもりです。バラケが早いと、本日のような日は、ウキの戻りが早くて、釣れません。

誘って釣れたものが枚ほど、あとは、ツン、消し込み、食い上げ、等でした。

釣れたヘラは、交りですが、3537p級が多くて、小型は2枚、ガリベラは1枚だけでした。

対岸の底釣りの人が一人、私の側に来て、エサ、ウキ、釣り方などを質問していきました。

来週には、食いが戻っていて欲しいと思いました。

釣果データ2024年3月27日(水)分

白井市の水光園 ヘラ 43 累計1,018釣行2246/余り6枚。42.5p1枚、その他、良型の交り。

釣り方 バランスの底釣り両ダンゴ

釣り時間 63014308時間00分の釣り5.375枚/1時間

朝の水温 10.5℃ 水色、やや乳白色

朝の気温 5 午後300分で15℃。防寒服着用。カイロ使用。晴れ。無風のち北寄りの風やや吹きました。この釣り座は後ろからの風なので振り込みは楽。

釣り座 122 

 シマノの刀春17尺(33枚)→シマノの景仙・桔梗10尺(10枚)。ハリ、オーナー改良スレ糸付3号茶バリ28cmオーナー改良スレ糸付金バリ235cmハリス0.6

ウキ 尺半 #7 ボデイ寸法7pのウキ

エサ (ダンゴの冬100cc+α21 20cc+(水120cc+(バラケマッハ100cc回作りました。少しだけエサ余りました。時間で納竿。

朝一の釣り座を移動。奥の池2面を底浚いとの事

移動のロス時間が少しありました。入口の席に移動。

本日は、ヘラのご機嫌がちょっとばかり良くないです。昨日の大雨のためでしょうか。

ポツポツとは釣れます。入れ食いにはなりません。

誘いをかけると、ときおり、ツンが入るのです。なので、誘いは止められません。

33枚で17尺をあきらめて、つまり、とうとう、食いアタリそのものが少なくなってしまったので、さっさと、10尺にしました。残り時間、2時間です。

せっせとエサ打ちをすると、ツンがあります。型はいいです。サオが凄くしなります。シュッシュッと音がします。それでも、10枚釣れたところで、食いアタリが減少、ちょうど、8時間釣りましたので納竿。

本日はやや食い渋りですが、自己満足して上り

私の左に席空けて底釣り、ダンゴ、友人、ポツンポツン。その左に宙が二人、短ザオ。

対岸の正面に底釣り、ダンゴ、ポツポツ。その左に、段底、宙、宙、宙、底釣り、宙、宙でした。

底釣りの人はとても少なかったです。
底浚いは終了したようです

釣果データ2024年3月25日(月)分

白井市の水光園 ヘラ 105 累計975釣行2146/余り9枚。とてもよく食いました。100枚以上、今季、1回目

釣り方 バランスの底釣り両ダンゴ

釣り時間 63015008時間30分の釣り12.35枚/1時間

朝の水温 12℃ 水色、澄み

朝の気温 10 午後330分で13。防寒服着用。カイロ使用。終日、雨。無風。

釣り座 71 

 シマノの景仙・桔梗10尺(43枚)→オリンピックの白眉14尺(40枚)→シマノの景仙・桔梗9尺(22枚)リ、オーナー改良スレ糸付3号茶バリ28cmオーナー改良スレ糸付金バリ235cmハリス0.6

ウキ 尺半 #8→尺半 #9

エサ (ダンゴの冬100cc+α21 20cc+(水120cc+(バラケマッハ100cc回作りました。少しだけエサ余りました。時間で納竿。

雨のため、予定していた釣り座を中止して、71番へ。天気情報はハズレ。

始めから20投まで、エサ打ち。9投目でサワリ。

かまわずに、20投目まで、せっせとエサ打ち。エサは元エサを丸めて、やや大きく付けて、振り込みました。タナを調整しながらです。

次に、クワセエサを作りました。手水を足しながら、40回ほどしっかりと練りました。やや、柔らか目のエサ。入れアタリ→入れ食い、状態になりました。このような食い方は久しぶりです。釣れるヘラは20cm級が多数交ります。ガリベラもいます。要するに、私としての、数釣りができるパターン、の一つです。

ナジムまでにウキを止められることが多くなりましたので、ウキを大きくしました。

10尺で40枚を超したあたりで、食いアタリが少なくなってしまいました。回遊ベラが少なくなってしまった、と思いました。そこで、思い切って14尺を出しました。

風がないので振込みは超・樂です。友人がそばで見ていて、すごいいい感じでウキが立ちますね、とおっしゃいます。見ている前でツンがでて釣れました。しかも、3回も、です。ヒャーッ、いいですよー、と言いながらトイレに行きました。

14尺でも入れアタリ。取り込みが時間かかるから、今日は、大型は、イラナイ、と私は言いながら、友人とともに入れ食い。幸いに大きなヘラは少ししか釣れません。これは数釣りとしては、幸せです。

14尺も、38枚釣れたところで、またまた、食いアタリが減少。40枚釣ったところで、こんどは、9尺にしました。どれだけ釣れてくるか、分かりませんが、あと、17枚釣れれば、大台に乗る、と言う気持ちがあって、これは、賭け、です。どうせ、14尺で食いアタリが減ったから、辛抱しているより、マシかも、という気持ち。

ウキのナジミがますます、遅くなります。そこで、さらに大きなウキを出しました。オモリがやや多いです。それが当たり。モジモジ→上下動→ドン、というアタリが多発。9尺でダブルが3回もありました。近くの友人もビックリ。

午後3時で、時間で納竿致しました。3回目のエサは少しだけ余っただけでした。

71番での大釣りは、2022314日に108枚の記録があります。2023年の3月は圧迫骨折のため、自宅療養中で目立った釣果はまったくありませんでした。

本日の釣果は、雨のためにこの釣り座に来たのであって、本来は別のもっと離れた釣り座を予定していたのであって、71番に座ってこの釣果は、僥倖とかいいようがありません。何が幸いするか、分からないものです。

私の右に、5席空けて、短ザオの宙釣り、友人、私より1時間半も遅く釣りを始めて、それが、入れ食い。素晴らしいです。

帰りに、100枚ほど釣れたのでは、と聞いたところ、65枚ちょっとです、と謙遜した答え。そんなことはないでしょ、と私。釣れ具合とペースは隣りあわせなので分かっています。ということは、私のことも分かっていたはず。宙釣りと底釣りといい感じで競っていましたので、それなりには、数が伸びていたはずです。

友人が、帰りの荷物を途中から引いてくれました。とても助かりました。ありがとうございました。

釣果データ2024年3月22日(金)分

白井市の水光園 ヘラ 16 累計870釣行2043/余り10枚。食い渋り。

釣り方 バランスの底釣り両ダンゴ

釣り時間 63013307時間00分の釣り2.28枚/1時間

朝の水温 10℃ 急降下

朝の気温 2 午後200分で11℃。防寒服着用。カイロ使用。晴れ、朝から北西の風やや強い。

釣り座 1 

 シマノの刀春17リ、オーナー改良スレ糸付3号茶バリ28cmオーナー改良スレ糸付金バリ235cmハリス0.6

ウキ 尺半 #7

エサ (ダンゴの冬100cc+α21 20cc+(水120cc+(バラケマッハ100cc回作りましたエサ切れで納竿

日並倒れ。隣席の人たち2名が愚痴っています。風のため何日も我慢して、やっと来たのに、釣れないって、とかなんとか。私も同感。

ヘラの機嫌が悪いです。ポツンポツンの釣果。

右隣りの人は、長ザオ、両グルテン→短ザオ→クワセ力玉大、バラケのセットに変更、ポツンポツン。

その右の人、なんのかんのと言いながら、宙釣りに変更。その右の人、長ザオの底釣り→宙釣りに変更。その右は、短ザオのチョウチン釣り、ポツポツ。その右に数名底釣り→宙釣り、という具合でした。

北西風が意外とやや強くなり、枯葉が漂ってきます。

対岸は工事中で、排水管が閉じられていましたので、私のいる側へ枯葉が流れてきました。

振り込みと枯葉との戦い。予定外の状況。なんとかかんとか、ポツンポツンと釣りました。釣れたときのアタリは明確ですが、食いアタリの回数が少ないです。あとは空振りで、ウロコがハリ先に着いてくる、という繰り返し。

エサがなくなった時点で納竿しました。これ以上釣っていても、池の状態が改善しないと判断して、次回に期待です。体力温存。

毎回、釣果のアップダウンが激しいです。

釣果データ2024318日(月)分

白井市の水光園 ヘラ 85 累計854釣行1944/余り18とても大きな新ベラ多数。新ベラの数、途中で分からなくなりました。その他大型多数。

釣り方 バランスの底釣り両ダンゴ

釣り時間 63014007時間30分の釣り11.33枚/1時間枯葉のためウキが立たなくなり納竿。やむなし。

朝の水温 11.5℃ 高くなりました

朝の気温 8 午後230分で11℃。防寒服着用。カイロ使用。晴れ、朝から北北西の暴風。夕方の天気情報で、風速25mだったとの報道。さもあらん、と納得

釣り座 78 

 景仙・桔梗10リ、オーナー改良スレ糸付3号茶バリ28cmオーナー改良スレ糸付金バリ235cmハリス0.6

ウキ 尺半 #7

エサ (ダンゴの冬100cc+α21 20cc+(水120cc+(バラケマッハ100cc回作りました。余りました。

前日の南風の枯葉がかなり残っていました。なので、最奥の釣り座はあきらめて、78番にしました。ここならかなり大丈夫、と経験則で判断。ところが、本日の風は想定外の暴風になり、しかも、天気情報の北西風ではなく、北北西風と思われる風。よって、枯葉が多数、バラバラと水面に落ちて、しかも、それが最奥のエリアに続々と流れてきます。

釣りそのものは、荒食い状態で、超大型が多数釣れます。ダブルが3回もありました。10尺でこれほどの大型を取り込むのは大変です。ぐいぐいとのされます

対岸の二人は知り合いですが、両ウドンの底釣り、そのうちに、宙釣りにしてしまいました。宙でまずまず、いいペースで釣れていたと思いました。私が帰るときに、手を振ってくれました。

本日の釣果は、思いがけない大釣り。3時まであと1時間釣れますが、15枚をプラスして100枚にするのは不可能と判断して納竿。1時間で15枚は今の時点では無理ムリ、と思いました。

釣り座の記録としては、4月以降に大釣りの経験が何度かありますが、この釣り座での、3月での大釣りはまだありません。枯葉多数ということで、邪魔されて、いまいち、手が届きませんでした。

帰りの荷物を店の人が運んでくれました。とても助かりました。ありがとうございました。

釣果データ2024年3月15日(金)分

白井市の水光園 ヘラ 40 累計769釣行1842/余り13。とても大きな新ベラ4枚。その他大型多数。

釣り方 バランスの底釣り両ダンゴ

釣り時間 63014007時間30分の釣り5.33枚/1時間波が高くなったので納竿

朝の水温 10℃ 

朝の気温 3 午後230分で16℃。防寒服着用。カイロ使用。晴れ、無風状態〜南風のやや強風。

釣り座 122 

 シマノの刀春17尺(16枚)→景仙・桔梗9尺(24枚)リ、オーナー改良スレ糸付3号茶バリ28cmオーナー改良スレ糸付金バリ235cmハリス0.6

ウキ 尺半 #7→尺半#8

エサ (ダンゴの冬100cc+α21 20cc+(水120cc+(バラケマッハ100cc回作りました

風強く、押し波あり、ウキがもまれてアタリ見にくい。大きなアタリだけ合せる。エサ切れで納竿

期待していたほどには食いアタリが出ないです。南風が出たので、即座に、9尺に変更。

対岸はウドンの人多数。ポツンポツン。

9尺は見やすいし、手返しも早いです。消し込みアタリも多数。波が出てからは、小さなアタリは見えないので、大きなツンアタリだけを待ちました。

釣れるヘラは、巨大なヘラ。その他は、それよりやや小さいヘラですが、重たいです。ガリベラなし。

やや食い渋りだと思いました。大釣りしたり、食い渋りだったり、毎回、アップダウンがあります。本日は、大型が多数でしたので、まずまず、満足して上りました。

次回に期待。

釣果データ2024313日(水)分

白井市の水光園 ヘラ 81 累計729釣行1742/余り15大型多数。

釣り方 バランスの底釣り両ダンゴ

釣り時間 6301430時間00分の釣り10.125枚/1時間。午後やや食い渋り

朝の水温 10℃ 水色、ささ濁り

朝の気温 6 午後300分で11℃。防寒服着用。カイロ使用。曇りのち晴れ、北西の暴風

釣り座 71 

 シマノの景仙・桔梗9リ、オーナー改良スレ糸付3号茶バリ28cmオーナー改良スレ糸付金バリ235cmハリス0.6

ウキ 尺半 #7→尺半#8

エサ @ダンゴの冬100cc+α21 20cc+(水120cc+(バラケマッハ100cc1回作りましたA(ダンゴの冬100cc+ダンゴの夏100cc+ヘラスイミー100cc)+(水160cc)+(バラケマッハ100cc1回作りました。

北西の暴風予想でしたので71番に座りました。

始めから9尺でやりました。前回手元でよく釣れたためと、風予想なので14尺は出しませんでした。結果オーライでした。

水色は、まあまあ、いいです

午前中は枯葉もなく、食いアタリが多発して、大型が連発で、嬉しい時間でした。

10時過ぎから、風が極端に強まって、段々と、枯葉が集まる状況になりました。

それでも、よく釣れていて、枯葉は気になりませんでした。

その後、正午前から風向きが少しばかり違ったようで、枯葉が多数右方向から流れてきて、私の前に集まりました。

仕方なく、ウキを#8にして、オモリがやや多いものにしました。枯葉の上に乗ったラインを手前に強く引いて、ラインを沈ませて、ウキを立たせるためです。また、立ったウキが、枯葉に押されたり、風で流されたりするので、ウキを枯葉から引きはがすように、手前にラインを引いてウキを立たせていましたので、これが、結構、誘いの役割をしていたと思いました。

午後からは、午前中の食いアタリの半分以下になってしまいました。ヘラの「品切れ」なんだと、半分あきらめの境地。よって、誘いながら、待ち時間の長い釣りなりました。なので、大台に釣果は乗せられず、次回以後の楽しみとなりました。残念でした。

私の周囲には釣り人がいませんでしたので、午後になってのペースダウンは、ヘラの回遊の品切れだったのだと思いました。

入口で釣っていた方が短ザオ、ダンゴで釣れていて、撮影もされていました。情報交換。今日は、鈴木さんは、なんで、ここでやらなかったのですか、とおっしゃいました。いやいや、風予想だったので、奥に行きました。あまりにたくさん釣れたので、上りが遅くなっちゃいました、と言うと、それ、とてもよく分かります、とおっしゃっていました。

本日のエサは、2種類作りました。合計で620ccでした。エサ切れになりました。どちらのエサでも釣れましたが、Aのエサは比重が重いので、ナジミが深く、アタリもやや遅い感じが致しました。季節がもう少し進んでからが良いのかもしれません。

釣果データ2024年3月11日(月)分

白井市の水光園 ヘラ 36 累計648釣行1640/余り8巨大なヘラ5枚。

釣り方 バランスの底釣り両ダンゴ

釣り時間 6301430時間00分の釣り4.5枚/1時間

朝の水温 8.5℃ 水色、乳白色、色強い

朝の気温 零下−1 午後300分で14。防寒服着用。カイロ使用。晴れ、無風状態、風回る。午後、南風が強まりました。

釣り座 122 

 シマノの刀春17尺(20枚)→シマノの景仙・桔梗9尺(16枚)リ、オーナー改良スレ糸付3号茶バリ28cmオーナー改良スレ糸付金バリ235cmハリス0.6

ウキ 尺半 #7

エサ (ダンゴの冬100cc+α21 20cc+(水120cc+(バラケマッハ100cc回作りましたエサは余りました

希望通りの釣りにはならず、10枚まで釣れて、あとは、ポッツン、ポッツン。20枚まで釣って、私の方が「プッツン」して、尺にしました。

南風が強まって、17尺での振り込みが不自由になったので、それで、9尺にしたわけです。

それが思いがけずに大当たり。釣れてくるヘラが大型ばかり。あと1枚、あと1枚、ということで、上りベラの重ね釣りをして、とうとう、大型のダブルが釣れました。対岸の釣り人もビックリ。それを上がりベラにして納竿。エサがあったので3時までやれたのですが、いいところで、ということで納竿。

対岸はウドンの底釣り2名、ポツポツ良型交り、私の左に席空けて、長ザオの底釣り、ダンゴ、撮影しているらしく、1枚釣って終わり。

残りの人たちは遠くて釣果不明。

店の人が私の帰りの荷物を運んでくれました。ありがとうございました。助かりました。

私は次回の釣行を期待。

釣果データ2024年3月9日(土)分

白井市の水光園 ヘラ 48 累計612釣行1540/余り12大型がとてもたくさん釣れました。昨日の釣行予定を、雪のため中止しましたので、その代替の釣り。

釣り方 バランスの底釣り両ダンゴ

釣り時間 7001500時間00分の釣り6枚/1時間。移動時間があるので実質7.5時間の釣り、6.4枚/1時間

朝の水温 9 

朝の気温  午後330分で8℃。防寒服着用。カイロ使用。晴れ、北西の暴風。枯葉が前方に多数浮遊

釣り座 71 風対策

 オリンピックの白眉14尺(11枚)→シマノの景仙・桔梗9尺(37枚)リ、オーナー改良スレ糸付3号茶バリ28cmオーナー改良スレ糸付金バリ235cmハリス0.6

ウキ 尺半 #7→尺半# 

エサ (ダンゴの冬100cc+α21 20cc+(水120cc+(バラケマッハ100cc回作りましたエサは余りました

風予想なので奥の池に来ました。55番で始めたところ、あとから、3人のグループがすぐ左に入り、長ザオの宙釣り。それではどうしてもヘラがそちらに寄ってしまうので、即座に、移動を決意。71番へ。あとから来た人たちに恨みつらみはありません。私の勝手。

14尺で始めました。20投エサ打ちして釣れました。食いアタリは明確です。風が強まって、枯葉が水面に増えました。予報では西北西となっていたので、それならば71番は枯葉なしでゆうゆう、と思っていたら、それが北西風の暴風。従って、枯葉が多数流れてきます。

よって、尺に変更。こちらも15投で釣れました。

良い按配です。ウキを#にして、目いっぱい振り込んで、枯葉の上に乗った道糸をサオを手元へぐいぐいと何度も引いて、ウキを立たせました。本日はこの繰り返し。立ったウキは、枯葉に押されたり、枯葉とともに流れたりしますので、サオを手前に引いて枯葉をやり過ごしたりして忙しいです。

結局、そのような動作が、誘いになったので、食いアタリはとても明確で、ツンが多発。

枯葉と格闘しながらでも、久しぶりに、短ザオで、楽しい釣りができました

釣れたヘラは、とても大きな新ベラが5枚、その他、良型のヘラばかりが釣れました。これは場所でしょうか。ガリベラと小型ヘラはゼロ。尻尾のスレが3枚でした。

対岸にウドンの底釣りが一人、会話しながらの釣り。ポツポツのようでした。

釣果データ2024年3月6日(水)分

白井市の水光園 ヘラ 74 累計564釣行1440/余り4大型がたくさん釣れました。

釣り方 バランスの底釣り両ダンゴ

釣り時間 7001500時間00分の釣り9.25枚/1時間。時間で上がりました。

朝の水温 8.5 

朝の気温 3 午後330分で7℃。防寒服着用。カイロ使用。テント使用。朝一〜7時半まで小雨。のち曇り。無風状態。10時過ぎから11時半までやや強い雨、のち曇り、薄日差す。上空の梢がザワザワとしますが、水面は静か。

釣り座 122 右端の席。無番。

 シマノの刀春17リ、オーナー改良スレ糸付3号茶バリ28cmオーナー改良スレ糸付金バリ235cmハリス0.6ハリスを短くしました

ウキ 尺半 #7 

エサ (ダンゴの冬100cc+α21 20cc+(水120cc+(バラケマッハ100cc回作りましたエサは余りました

天気予報は良くないですが、水光園なら大丈夫、との気持ちで釣行。大当たり。水面に風無し、波無し、入れ食い

ナジム直前にウキを持ち上げます。底からやや上にヘラがいるようです。ハリスを短くして正解。辛抱してナジミを待ちます。

本日の入園料は、女将さんが集金。あ〜ら鈴木さんお久しぶり、と黄色い声。げんきげんき、と私。お金を払わないうちに1枚釣れました。あれ〜、まあ、とおかみさん。魚は元気だよう、とわたし。情報交換。鈴木さんはいくつになったの〜、○○歳、え〜、うちのヒトよりずっとトシいってんだあ、いいのいいの、私と同病だから、医者の御墨付き貰ってっからリハビリの積りでつりやってんの、と情報交換。すると女将さんが見ている前でダブルが釣れました。

あれ〜、まあ、やだ〜、鈴木さん、釣れちゃってんのねえ、朝からこんなぐあいだよ〜、でお終い。

終了間際は、さすがに、ヘラが少なくなったみたいで、ウキの動きが鈍いです。上りベラを釣って納竿。

本日のヘラは、小型とガリベラは10枚ほど、あとは、ともかく、良型ばっかり。こんな日も珍しいです。尻尾のスレが別に4枚。ダブルが3回。

真鯉が1尾。測ったら56pもありました。立派なヒゲがありました。玉網から、ヘソのあたりまで飛び出していました。

本日来た人は多分当たりの日。

釣果データ2024年3月4日(月)分

白井市の水光園 ヘラ 48 累計490釣行1337/余り9大型がたくさん釣れました。

釣り方 バランスの底釣り両ダンゴ

釣り時間 7001400時間00分の釣り6.85枚/1時間。時間で上がりました。

朝の水温 9℃ 

朝の気温  午後230分で14℃。防寒服着用。カイロ使用。晴れ。無風。午後1時過ぎになって西寄りの風がときどき吹き込みました。釣りの邪魔にはなりませんでした。

釣り座 122 右端の席。無番。

 シマノの刀春17リ、オーナー改良スレ糸付3号茶バリ33cmオーナー改良スレ糸付金バリ240cmハリス0.6

ウキ 尺半 #7 

エサ (ダンゴの冬100cc+α21 20cc+(水120cc+(バラケマッハ100cc回作りましたエサは余りました

二度あることは三度ある、の格言を信じて、同一場所に座りました。

朝の1時間で2枚だけ。食い渋り。消毒したとの情報あり。さもありなん、との気持ち。

それでも、ともかく、エサ打ちをしてヘラを寄せない事には、始らない、ということで、せっせとエサ打ち。

その後は「ともかくよく釣れました」朝一の1時間が2枚で、あとの46枚を6時間で釣ったのですから、7.66枚/1時間のペースです。1時間に5枚しか釣れないこともあり、また、10枚以上釣れた時間もあり、ということで、私としては、気持ちよく釣りを致しました

南風の強風が吹いたら納竿、と決めていましたので、午後1時過ぎころから西風が強く吹いてきたので、釣れるだけ釣って、午後2時に納竿致しました。

次回に期待と言うところです。

対岸で釣りをしていた店の人が帰りの荷物を運んでくれました。ありがとうございました。助かりました。そのときに、入れ食いだったですね、との声。久しぶりに入れ食いをみました、とおっしゃいました。きっと、1時間に10枚以上を釣っていた時間帯をちょうどよく見ていたのだと思いました。入れ食いだったと言えばそうですし、満足の行く入れ食いだったかと言うと、いまいち、ちょっと、躊躇してしまう一日でした。

対岸はウドンの底釣りが数名、ポツンポツン、グルテンの宙釣りが二人、うち、友人の一人はほぼ入れ食い。

釣果データ2024年3月1日(金)分

白井市の水光園 ヘラ 65 累計442釣行1236/余り10風と雨の中、よく釣れました。

釣り方 バランスの底釣り両ダンゴ

釣り時間 7001400時間00分の釣り9.28枚/1時間。北西風強まり納竿。

朝の水温 9 水色、乳白色やや薄まりました。

朝の気温 4 午後230分で14℃。午前9時半まで小雨、パラソル使用。防寒服着用、カイロ使用。午前11時半頃から北西風ときどき強まる。

釣り座 122 右端の席。無番。

 シマノの刀春17リ、オーナー改良スレ糸付3号茶バリ33cmオーナー改良スレ糸付金バリ240cmハリス0.6

ウキ 尺半 #7→尺半# 風のため、振り込みしやすくするため。

エサ (ダンゴの冬100cc+α21 20cc+(水120cc+(バラケマッハ100cc回作りましたエサは余りました

前回の再現を予定しました。ほぼ達成

朝一は9時半まで小雨と北西のやや強い風。パラソル使用の為、よって、振り込みの着水地点が定まらず、直径1mの範囲内から外れてしまいます。なのに、それはそれで、ずれているウキの位置でも活発なアタリ。ラッキー!!

これはもっけの幸いということで、パラソル越しにサオを振って、ともかく、前方へ振りきることに専念致しました。

9時半になり、雨が上がり、パラソルを仕舞い、今度は振り込みがきちんとできます。前回のようなダブルはありませんが、ツンツンとよくアタリます。

3回目のエサを作りました。ところが、北西風がとても強まって、@左からの押し波がウキの立つ位置に押し寄せたことA竹の枯葉が多数流れてきて、ラインとウキが枯葉に乗ってしまいウキが立ちにくくなってしまったこと、以上のために、「泣く泣く」納竿致しました

本来であれば午後3時まで、あと1時間釣りをしたかったです。

釣れたヘラは、交りですが、ガリベラは数枚だけで、小型のヘラもいなくて、30p〜38p級のボテッと太った良型が多数釣れてきました。

釣りの日によって、釣れる型は異なるようです。本日は当たりの日。

3月になって、いよいよ、春の釣りになるだろうと、心ウキウキと言うところです。同一場所に座っていますがちょうどよいデータが集められそうです。

釣果データ2024年2月28日(水)分

白井市の水光園 ヘラ 70 累計377釣行1134/余り3荒食いしました。

釣り方 バランスの底釣り両ダンゴ

釣り時間 70015008時間00分の釣り8.75枚/1時間

朝の水温 9 水色、乳白色やや薄まりました。

朝の気温 4 午後330分で13℃。防寒服着用。カイロ使用。晴れ、朝から北西風がやや強く吹きました。影響はないです。

釣り座 122 右端の席。無番。

 シマノの刀春17リ、オーナー改良スレ糸付3号茶バリ33cmオーナー改良スレ糸付金バリ240cmハリス0.6

ウキ 尺半 #7 

エサ (ダンゴの冬100cc+α21 20cc+(水120cc+(バラケマッハ100cc回作りましたエサは余りました

午前中に一回、午後に一回、荒食い時間がありました。嬉しいです。

なので、今年一番の釣果を出したくて、3回目のエサを作りました。私も欲が深いです。

17尺の正面と右は水深2m弱、左は1.5mほど。朝一は正面で釣って11枚、トイレに行って、気持ちを入れ替えて、今度は、試しに、左の浅い部分で釣りました。

浅い場所は、本日は始めから入れ食い。対岸の人たちが見ています。ウドンの人が多いです。宙の人もいますが、ポツンポツンです。

エサはボソとか固いとかは結局駄目でした。試したから分かります。手水を足して3050回程度しっかりと練ったエサ。5回程度は誘いをかけても、ウキがズズッと戻ってこないようなエサ。元の位置に目盛りが戻るようなエサ

というわけで、食いアタリがないときは、ともかく、誘いを掛けました。

本日は釣れているのでエサの消費量も多いです。それは、結果オーライで、エサ打ちをしているのと同じ。

2月の後半の時季に、荒食いは嬉しいです。ツンが多発。

釣れたヘラは、交りですが、旧ベラの大型が多数釣れました。

ダブルが2回もありました。嬉しいです。ヘラが寄ったと思いました。

投入のたびに必ずウキが動きます。飽きないです。

乳白色の水色はかなり改善されて、透明感が少しですが出てきました。

この分であれば、次回の釣行も期待大ということで、楽しみができました。

本日の釣果は、2024年の1月と2月で、最高釣果になりました。3回目のエサを作った甲斐がありました。

釣果データ2024年2月26日(月)分

白井市の水光園 ヘラ 40 累計307釣行1030/余り7新ベラなし、交り

釣り方 バランスの底釣り両ダンゴ

釣り時間 70013306時間30分の釣り6.15枚/1時間

朝の水温 9 水色、乳白色

朝の気温 6 午後200分で12℃。防寒服着用。カイロ使用。曇りのち晴れときどき曇り、水面は静か、北寄りの風少し、午後1時半から北西風の強風。なので、納竿

釣り座 55 強風予想のためにここの席にしました。風吹いたら納竿。

 オリンピックの白眉14リ、オーナー改良スレ糸付3号茶バリ33cmオーナー改良スレ糸付金バリ240cmハリス0.6

ウキ 尺半 #7 

エサ (ダンゴの冬100cc+α21 20cc+(水120cc