2021年 シニアの突撃へら釣り日誌

釣果データ2021年12月3日(金)分

白井市の水光園 ヘラ 40 累計8,224枚。釣行122回。67/回。余り50枚。

釣り方 バランスの底釣り、両ダンゴ

釣り時間 630分〜1430分。8時間00分の釣り。5/1時間

朝の水温 10℃ 水色、ササニゴリ。

朝の気温 4 午後3時で16℃。晴れ、午前中無風状態、のち風が左から来たり、右から来たり、微風、午後から南西風あるいは北西風の強風、とても釣り辛くなりました。防寒服着用。貼るカイロ使用。釣り辛い理由は、枯葉が大量に落ちてきてウキが立ちづらくなったためです。

釣り座32 31番の右隣席で無番の席。

ウキ 尺半#8 ムクトップ 

サオ オリンピックの白眉15尺。道糸1号、ハリ、上、オーナー改良スレ糸付3号茶バリ33cm、下、オーナー改良スレ糸付金バリ240cm。ハリス0.6号。

エサ (ダンゴの冬100cc+α21 20cc+(水120cc+(バラケマッハ100cc2回作りました。

釣果は、新ベラが3枚(43cm1枚含む)、旧ベラ良型多数、中型いろいろ、ガリベラ3枚、小型ナシ。

15尺で終日釣りができました。風が弱かったため。午後になって南西風と北西風が交互に吹いて、頭上から枯葉が大量に舞い落ちて、ウキを立たせることができない時間がたくさんできてしまいました。

本日の釣り座選定でこのことだけが予定外で誤算でした。

釣れ具合は、食いアタリの絶対数が少なくて、ただし、アタリそのものは明確に出せました、ので、見逃すことはありませんでした。釣れるヘラも良型が多かったので、枚数のわりには満足度が高いです。

例年の12月〜2月の冬場の釣果目標は、50枚、というところで、年間アベレージは50枚を目標にしています。これからは平均釣果が少しずつ下がっていきます。

冬場の50枚はとても大変な目標だと思っています。

私の左隣に長ザオの底釣りが3人、ポツンポツンの釣り。対岸に後から来た人で宙釣りが一人、結構いいペースで釣れていました。私の2倍以上は釣れていたと思いました。

釣果データ2021年11月30日(火)分

白井市の水光園 ヘラ 48 累計8,184枚。釣行121回。67/回。余り77枚。

釣り方 バランスの底釣り、両ダンゴ

釣り時間 630分〜1430分。8時間00分の釣り。6/1時間。始めの1時間と最後の1時間はそれぞれ2枚ずつしか釣れませんでした。

朝の水温 9 水色、ササニゴリ。2.5℃も急降下していました。

朝の気温 2 午後3時で15℃。晴れ、午前中無風状態、風が左から来たり、右から来たり、微風、午後1時半頃から南風の強風、とても釣り辛くなりました。防寒服着用。貼るカイロ使用。

釣り座98 風が弱い予想でしたのでこの釣り座にしました。南風の強風は予定外でした

ウキ 尺半#8 ムクトップ 

サオ オリンピックの白眉14。道糸1号、ハリ、上、オーナー改良スレ糸付3号茶バリ33cm、下、オーナー改良スレ糸付金バリ240cm。ハリス0.6号。

エサ (ダンゴの冬100cc+α21 20cc+(水120cc+(バラケマッハ100cc2回作りました。

水温の急降下がありました。朝の気温が2℃で作ったエサが凍ったように見受けました。やや固く締まった感じ。

やむなく手水を足しながら柔らかく練って使用。ときどき、元エサのママで丸めて釣りました。ウキの動きを見ながらエサの付け方を変えました。2回目のエサはいつもの仕上がりになりました。

本日は無風状態だとのウェザーニュースでしたので、98番に座って長ザオを出しました。午後1時半まではそれで成功でした

水温が低いので、ヘラが底からやや上にいます。ウキのナジミまでの動きで感じ取れます。元エサのママで朝一は黙って20投までエサ打ちをしました。ようやくウキが少し動きました。食いアタリはなかなか出ないのでそのままエサ打ちを続行。朝一の1時間で釣れたのは2枚だけ。その、2枚も力玉。本日の力玉の釣果はこの2枚だけ。

ともかく食いアタリの出るのが時間がかかるので、どうしても、ときおり誘いながらの釣りになりました。

本日はサオの長さを変更しないで辛抱して釣りました。午後1時半過ぎになって食い渋りになり、風も強まったので、最後の1時間は2枚だけしか釣れませんでした。もう少し、ヘラが気を利かせて集まってくれたらよかったのにと思いましたが、本日の釣りはこれで納竿でした。

釣り人の数は多くはなかったのですが、全員が底釣りでした。顔見知りのお年寄りが雑談をしに、私の横で缶コーヒーを1本飲んで席に戻りました。今日もまだ釣れないんだよ、とおっしゃっていました。

私の釣れたヘラは、新ベラゼロ、旧ベラの大型は40cm1枚、37cm38cm4枚、あとは旧ベラの中型で30cmほどのもの、ガリベラが数枚、20cmちょっとの小型が3枚という具合でした。

釣果データ2021年11月26日(金)分

白井市の水光園 ヘラ 66 累計8,136枚。釣行120回。67/回。余り96枚。アタリが明確に出せましたので満足して上りました。

釣り方 バランスの底釣り、両ダンゴ

釣り時間 630分〜1430分。8時間00分の釣り。8.25/1時間

朝の水温 11.5 水色、ササニゴリ。0.5℃下がりました。

朝の気温 5 午後3時で15℃。晴れ、無風状態。防寒服着用。

釣り座48 風が弱い予想でしたのでこの釣り座にしました。北寄りの風に弱い場所。

ウキ 尺半#8 ムクトップ 

サオ オリンピックの白眉15。道糸1号、ハリ、上、オーナー改良スレ糸付3号茶バリ33cm、下、オーナー改良スレ糸付金バリ240cm。ハリス0.6号。

エサ (ダンゴの冬100cc+α21 20cc+(水120cc+(バラケマッハ100cc2回作りました。

15尺で始めました。元エサのママで釣ってみたところ、結構、いいアタリが出ましたので、終日手直ししないで元エサのママで丸めて釣りました。

本日はナジミよく、待ち時間は私としてはとても長く、しかしアタリは明確に出せました。

待ち時間が長いのが難点でしたが、風がほとんどないので、エサ落ち目盛りが出てからの小さな食いアタリをしっかりと見極めることができた一日でした。

釣果は66枚ですが、新ベラ無し、旧ベラの大型無し、旧ベラの中型中心で、ガリベラが数枚、20cmほどの小型が2枚、という具合でした。

エサは余らせてしまいました。待ち時間が長いためです。

本日は宙の人が多かったと思いました。宙もぽつぽつでしょうか。

サオは、32年前に買ったオリンピック(このメーカーはいまはありません)という釣り具メーカーの白眉(はくび)というシリーズのサオ(816尺を揃えました)です。16年前に釣りを再開したときにシマノの景仙シリーズを徐々に買いそろえましたので、白眉シリーズは使わずに倉庫に眠っていたものです。幸に15尺は景仙のサオを買わなかったので、今年の冬は白眉の15尺を出して使ってみました。32年前のサオでも「立派に」役目を果してくれました。他の長さの白眉のサオもありますので、シマノのシリーズの予備ザオとして今年は積極的に使用してみようかと思っています。32年前のサオが劣化せずに一人前に使えたことは驚きでした。いいものはいつになってもいいものなのですね。シマノのサオを追加で買わずに済みそうなのでそれはそれで懐具合が助かります。
私ごとですが、11/29(月)は所用のため休釣、11/30、12/1が釣り予定日です。

釣果データ2021年11月24日(水)分

白井市の水光園 ヘラ 51 累計8,070枚。釣行119回。67/回。余り97枚。ザリガニ2尾。

釣り方 バランスの底釣り、両ダンゴ

釣り時間 630分〜1430分。8時間00分の釣り。6.375/1時間。

朝の水温 12℃ 水色、ササニゴリ。1℃下がりました

朝の気温 9 午後3時で15℃。晴れ、午前中は風が回りました。午後近くなって南の風が強まりました。防寒服着用。風向の予想は大ハズレでした。南西風が午後2時過ぎてからようやく吹きました。後の祭り。

釣り座62 南西風〜西風の強風予想でしたのでこの席にしましたが、風はぐるぐる回り、午後近くなって南風が強くなって、結局、一日中、枯葉などの浮遊物に悩まされてしまいました。

ウキ 尺半#8 ムクトップ 

サオ シマノの景仙14尺→10尺→11尺。道糸1号、ハリ、上、オーナー改良スレ糸付3号茶バリ33cm、下、オーナー改良スレ糸付金バリ240cm。ハリス0.6号。

エサ (ダンゴの冬100cc+α21 20cc+(水120cc+(バラケマッハ100cc2回作りました。

長いサオで始めました。風が強まらないうちにと思ったのですが、これが大ハズレ。風向きが南西にならず、北西・北北西などのやや強い風、ときおり、南風の強風などで、向かい風と左からの風で、枯葉などがたくさん押し寄せて釣り辛くなりました。

14尺で釣っていて、始めはポツポツと釣れました。枯葉を避けながらウキを立たせて釣りましたが、10枚釣ったところで食いアタリが止まりました。そこで試しに力玉を使ったところ、2枚を釣りました。釣れないよりはいいかっ、と思ってダンゴで釣りましたが、釣れたのはザリガニ。そこで急に「嫌になって」今度は10尺を出しました。半分やけくそ。

ところが10尺で3投目から釣れて、これが、入れ食いになりました。「なんだ、朝一から10尺で釣ればよかった」と後悔しきり。集金が来た頃は入れ食い状態。25枚を釣りました。20枚くらいから少しずつ食いアタリが少なくなって、辛抱してエサ打ちをしていたところ、またまた、ザリガニを釣りました。2尾目です。

そこで長ザオにしようかと思いましたが、南風が強まって枯葉も多いので、11尺にしました。これが予想外にまたまた釣れました。ポツンポツンと釣って50枚になったところで食い止まったのですが、上りベラの1枚がなかなかヒットせず、ようやく金魚みたいな「赤い魚」を釣ってそれで納竿にしました。

エサは少し余りました。

私の友人が来ていました。訊いたところ、40枚オーバーしたとのこと。嬉しかったです。私と同じ釣りにはなっていません。ウキは私より大きいし太いし、エサのブレンドも違うようです。ということは、私の釣りの「真似」はしていないということです。研究熱心で○○さん流(例えば鈴木流の釣りと同じように)の釣りが出来上がってきていると思いました。私との違いは「キャリア」だけ。その中に釣果も追い越されるようになる時が来るのだろうと楽しみが増えたように思いました。

私のようにサオの長さを替えないで10尺で終日釣れ続いたようなので、エサのブレンドと釣り方がとても良かったのではないかと思いました

釣果データ2021年11月22日(月)分

白井市の水光園 ヘラ 73 累計8,019枚。釣行118回。67/回。余り113枚。雨天決行で結果オーライの一日でした。ザリガニ1尾。

釣り方 バランスの底釣り、両ダンゴ

釣り時間 630分〜1430分。8時間00分の釣り。9.125/1時間。最初の1時間が1枚しか釣れませんでしたので残り7時間で72枚釣れたことになります。

朝の水温 13℃ 水色、ササニゴリ。

朝の気温 12 午後3時で15℃。曇りときどき小雨、終日無風状態。防寒服着用。テント使用。中はとても暖かいです。大雨降らず、大風も吹かず、雷も鳴らず、ということで、天気予報はハズレでした

釣り座 4 雨なので座ってみましたが、いまいち、思っていたような釣りにはなりませんでした。

ウキ 尺半#8 ムクトップ 

サオ シマノの景仙10尺→14尺→16長いサオの方が食いアタリがとても活発でした。道糸1号、ハリ、上、オーナー改良スレ糸付3号茶バリ33cm、下、オーナー改良スレ糸付金バリ240cm。ハリス0.6号。

エサ (ダンゴの冬100cc+α21 20cc+(水120cc+(バラケマッハ100cc2回作りました。元エサを小分けして水分補給しながら50回ほどとてもよく練りました。仕上がりのエサは即席ウドンの「カンタン」のようなネバネバしたエサ。本日は終日このタッチで良く釣れました

朝一は10尺で始めました。過去のデータを頼りにしました。しかしながら、今年の11月は例年と違って様子がおかしいです。要するに短ザオの釣りが思うようにならないのです。ウデが鈍ったとしか思いようがありません。

ということで1時間釣ってたつたの1枚だけ。食いアタリも出ないのです。ウキはなんとなくモゾモゾと動きます。ザリガニかも知れません。

そこで、思い切って14尺を出しました。これが予想以上の大当たり。時速812枚ほどで釣れます。ダブルも3回ありました。ザリガニも釣れました。14尺で25枚を釣りました。その辺で食いアタリが少なくなりました。しばらくエサ打ちをして様子を見ましたが状況は好転しませんでした。

そこで16尺を出しました。風が吹かないので、風が出るまではこれでいいかっ、という思いでした。16尺でも食いアタリはとても活発でした

釣れるヘラは新ベラはゼロ、ガリベラが数枚、小型ゼロ、あとは35cm前後の中型の旧ベラ。旧ベラはとても肥っていましたので、引きは楽しめました。

本日はこの席で新ベラ狙いだったのですが、新ベラゼロは予想外でした。でも仕方がないです。

長いサオにして食いアタリが活発でしたので、本日も食い気のあるヘラは沖にいたということだと思いました。例年の11月の使用サオ10尺からすると、14尺と16尺は私としては長いです。でも仕方がないです。釣れる長さのサオで釣ります。

ただ、入れ食いになったときに、取り込みに時間がかかるので、なかなか、ペースが上りません。本日はテント使用でしたので、その点も取り込みに不利でした。

ということで、いろいろと泣き言を言いましたが、本日は天気情報が釣っている間は大ハズレでしたので、その点だけは結果オーライということで、満足して上りました。

帰宅途中で自宅へあと10分くらいという所で、本降りの雨になりました。ラッキーだったと思いました。

釣果データ20211119日(金)分

白井市の水光園 ヘラ 51 累計7,946枚。釣行117回。67/回。余り107枚。食い渋りで、真冬のような釣りになってしまいました

釣り方 バランスの底釣り、両ダンゴ

釣り時間 630分〜1430分。8時間00分の釣り。6.375/1時間

朝の水温 13℃ 水色、ササニゴリ。

朝の気温 8 午後3時で17℃。晴れときどき曇り、無風状態、午後北西の風。防寒服着用。貼るカイロ使用。

釣り座 41 

ウキ 尺半#8 ムクトップ 

サオ シマノの景仙9尺→16尺→11。道糸1号、ハリ、上、オーナー改良スレ糸付3号茶バリ33cm、下、オーナー改良スレ糸付金バリ240cm。ハリス0.6号。

エサ (ダンゴの冬100cc+α21 20cc+(水120cc+(バラケマッハ100cc2回作りました。

前年、前前年などの11月の釣果実績を参考にしての釣り。釣り座41番は9尺のサオで大釣りをしている記録

ということで、柳の下にドジョウ、ということで大いに期待して座ってみたのですが、これが、すごい不発。

顔見知りのお年寄りによれば、火曜日からずっと釣れないとのこと、火曜日は3枚だけで本日はまだゼロだとおっしゃいます。

9尺で始めたところ、1時間釣って2枚だけ。食いアタリがなかなか出ません。

そこで16尺を出しました。これは「ダメ元」という気持ちでした。池の中央の水車の羽根をめがけて投入して釣りました。幸にポツポツポツと釣れます。間に釣れない時間帯がありますが、とびとびにポツポツポツと釣れました。サイズは40cm1枚(測りました)、他は3537cmが揃いました。ガリベラはいませんでした。新ベラは釣れませんでした。

さすがに30枚近く釣れたところで食いアタリが出なくなってしまいました。いくらエサ打ちしてもダメでした。

ということで、今度は気分を変えて11尺を出しました。今度はウキがすぐ近くにあります。10投ほどエサ打ちするとドンと入りました。3枚まではすぐに釣れました。その後はポッツンポッツンになりました。

火曜日からずっと食い渋りで釣れないんだよ、という声が聞こえてきましたし、ご本人が、鈴木さんはどんなエサ使ってんの、と聞きに来ました。旦那さんと同じ冬とアルファ21とバラケマッハでいつもの通り、と答えました。すると今日は自分はウドンで釣っているけど今日はまだゼロだとおっしゃいます。

私としては慰めようがないものですから、がんばりましょう、といいました。

ともかく、食い渋りは確かです。16尺で幸運にもまずまず午前中に釣ったので、なんとかまとまりそうな気がしていました。しかしながら、午後になって食い渋りが一段と激しくなったように思いました。

そこで「ハッ」と気が付いて、「力玉」を使ってみる事にしました。季節としては「かなり早い」です。水温も13℃です。ですが、かまうもんか、試すだけ試してみよう、ということで今年の1月に使い残した力玉を出しました。ひと夏越して透明色が茶色にくすんでいます。それを上バリ下バリに1個ずつ付けて目いっぱい振り込みました。サオを握った手を池の方へ出来るだけ突き出すような格好にしました。ウキの立つ位置がダンゴエサよりも手前になるからです。

幸いにアタリは明確で、チクッとウキが動きます。これが両力玉の食いアタリなのです。10カ月ぶりの力玉の食いアタリで釣れてうれしかったです。その後はすぐに両ダンゴにして釣りました。ダンゴで24枚釣った後に、またまた、両力玉で釣り上げました。納竿までこの釣り方で釣りました。

結局、両力玉で「5枚」(これは大漁です)も釣れました。本日の釣果の10%になります。もし、力玉を使っていなければ、45枚ほどで本日は終わってしまったかと思いました。

なお、力玉を使用後にすぐにダンゴにしたのは、力玉を使い続けるとヘラがウキの下にいなくなってしまうからです。力玉に集魚力は全くありません。ということで、ダンゴの合間に力玉を混ぜて釣ったわけです。本日はこれが「なんとなんと」思いがけなく食ったわけです。

本日の釣りは、力玉でも釣れた、ということだけで、満足できました。しかし、季節としてはまだまだ時期が早いです。本日のような食い渋りでたまたま効果があったということだけです。

全体に底釣りのお客さんが多い一日でしたが、10時過ぎから宙に変更した人が何人かおられました。

釣果データ20211117日(水)分

白井市の水光園 ヘラ 48 累計7,895枚。釣行116回。68/回。余り7枚。新ベラが7枚も釣れたので、満足して上りました

釣り方 バランスの底釣り、両ダンゴ

釣り時間 630分〜1500分。8時間30分の釣り。5.64/1時間10分で1枚のペース。

朝の水温 13℃ 水色、ササニゴリ。

朝の気温 9 午後3時半で19℃。晴れ、無風状態、午後東の風。防寒服着用。貼るカイロ使用。

釣り座 95 この釣り座は新旧の大型が釣れますが、数釣りは不発の季節になったようです。

ウキ 尺半#8 ムクトップ 

サオ シマノの景仙12尺→16尺→14。道糸1号、ハリ、上、オーナー改良スレ糸付3号茶バリ33cm、下、オーナー改良スレ糸付金バリ240cm。ハリス0.6号。

エサ (ダンゴの冬100cc+α21 20cc+(水120cc+(バラケマッハ100cc2回作りました。

本日は新ベラがたくさん釣れたので、とても満足できました。

数釣りとしては、時速5枚ちょっとでしたので、待ち時間が長い釣りになりました。

また、1017枚程度釣れると急に食いアタリが少なくなって、ポッツンポッツンになって、食いアタリの復活がとても時間がかかりました。

そこで、ヘラの寄りが少ないのだ、と思って、思い切ってサオの長さを替えました。5投目くらいで大型が釣れました。最後は11尺にしましたが最初の食いアタリで合わせたところ根掛かり。即、中止して、14尺を出しました。納竿までそれで釣りました。

新ベラは釣れる度に寸法を測りました。4042cmで揃っていました。

新ベラの釣果は、12尺で1枚、16尺で2枚、14尺で4枚という釣れ具合でした。長ザオの方が本日は新ベラが良く釣れました。

旧ベラの大型3537cmほどのサイズがたくさん交りました。

私の対岸に底釣りの人たちが10数名、対岸の左に宙が二人、奥の池に底釣りが5名、私の左に宙釣りが1名という具合でした。

底釣りの方は私と同様でポツポツの釣れ具合に見受けました。新ベラは私がダントツでたくさん釣れたと思っています。

釣果データ2021年11月15日(月)分

白井市の水光園 ヘラ 61 累計7,847枚。釣行115回。68/回。余り27枚。

釣り方 バランスの底釣り、両ダンゴ

釣り時間 630分〜1430分。8時間00分の釣り。7.625/1時間

朝の水温 13 水色、ササニゴリ。また1℃下がっていました。

朝の気温 9 午後3時で19℃。晴れ、無風状態。防寒服着用。貼るカイロ使用。

釣り座 92 

ウキ 尺半#8 ムクトップ 

サオ シマノの刀春16。道糸1号、ハリ、上、オーナー改良スレ糸付3号茶バリ33cm、下、オーナー改良スレ糸付金バリ240cm。ハリス0.6号。

エサ (ダンゴの冬100cc+α21 20cc+(水120cc+(バラケマッハ100cc2回作りました。

本日の釣り座は2018年、2016年に座った席で、最近はまったく座っていなかった席。どのような釣りになるか興味津々で座りました

結果としては、新ベラと旧ベラの大型サイズはゼロ、旧ベラの35cm以上もゼロ、中心で釣れたのは2025cmほどの旧ベラで少し痩せています。このサイズがとても多く釣れました。残りは30cm前後の旧ベラ。

私としてはサイズはどうでもよくて、どちらかというと「数釣りを楽しみたい」ということで、本日は10分に1枚のペースということで「まあ、こんなもんか」という気持ちでした。

というのは、対岸に短ザオの宙釣りが3人、宙なのに待ち時間が長いです。それでも私よりはちょっとばかしペースが良いと思いました。大型は釣れていないように見受けました。入口近くの人たちが電話で食いが悪いよ、釣れてないよ、という声が私の耳にまで届きました。

92番の釣り座は、この2年ばかりの間に、エアーポンプが設置されました。そのエアーの泡と水流と押し波で、釣ザオは16尺で釣りました。16尺でも影響がありましたので、釣り辛いと感じました。というのは、入れ食いタイムがあれば、つまり、気にならなくなる、のですが、それがポツポツと釣れて間があって、また、ポツポツと釣れる、という感じなので飽きることはないのですが、ググッと気持ちだけが前のめりになっていたように思いました。

この釣り座の「癖」みたいなものが分かったような気になりましたので、いつか、また、チャンスを見て座ろうかと思っています。

釣果データ2021年11月12日(金)分

白井市の水光園 ヘラ 75 累計7,786枚。釣行114回。68/回。余り34枚。上りベラに新ベラが釣れて上機嫌になって納竿致しました。

釣り方 バランスの底釣り、両ダンゴ

釣り時間 630分〜1430分。8時間00分の釣り。9.375/1時間35枚をバタバタッと釣るとやや間があくという一日でした。

朝の水温 14 水色、ササニゴリ。とうとう1℃下がりました。これからは毎日のように水温が低下することでしょう。

朝の気温 9 午後3時で19℃。晴れ、無風状態のち北西の強風、午後12時半ころから南西風の強風。防寒服着用。暖かい一日でした。午前中は右斜め向かい風で振り込みにくく、12時半頃からは逆向きになって後ろから左前への風。南西風の方が55番の釣り座は振り込みがとてもしやすいです

釣り座 55 南西の強風予想だっのでこの席にしました。

ウキ 尺半#8 ムクトップ 

サオ シマノの景仙14。道糸1号、ハリ、上、オーナー改良スレ糸付3号茶バリ33cm、下、オーナー改良スレ糸付金バリ240cm。ハリス0.6号。

エサ (ダンゴの冬100cc+α21 20cc+(水120cc+(バラケマッハ100cc2回作りました

本日は新ベラが3枚、旧ベラの大きいのが10枚ほど、ガリベラ多数、20cmほどの小型ヘラ5枚、その他は中型という一日でした。

対岸の左手に顔見知りの人、この方は両ウドンしかやらない人。ポツポツポツと釣れています。正午過ぎになって南西風の強風になって波と風のため釣りにならなくなって上りました。
その人との会話。その方がいうには、本日は食い渋りだとのこと。理由は大型が釣れてこないから、というものでした。大型は動きが悪いので、中型ばかりなので、これは食い渋りだ、とおっしゃいました

私としては新ベラが釣れたのですが、旧ベラの大型の数が本日はいまいち少ないと思っていましたので、つまり、ガリベラが多く釣れていたので、その方の意見に賛同致しました。

私の釣れるペースも35枚程度バタバタッと釣れるとその後はポツンポツンの釣り。それがしばらく続いて、また、バタバタッと5枚ほど釣れる、という繰り返しだったので、時速710枚程度のペースでした。

それでも、釣れているから、イイカッ、ということだったのです。

新ベラの大きいのが釣れたところで、それを上りベラにして納竿しました。エサはまだ残っていたので30分程度は延長してもよかったのですが、体力温存、ということで上りにしました。

本日はとても珍しいことに、釣り人の全員が底釣りでした。こんなことも珍しいです。

釣果データ20211110日(水)分

白井市の水光園 ヘラ 50 累計7,711枚。釣行113回。68/回。余り27枚。早上がり

8日の釣果データで、8日新ベラ放流と書きましたが、それは「誤報」でした。お詫びいたします。

9日に放流実施したとのこと。本日は45cm1枚、44cm1枚、43cm2枚、42cm1枚の合計5枚の新ベラをゲットいたしました。満足。さすがに新ベラの姿はよくわかりました。それ以外に旧ベラの大型が多数交りました。

釣り方 バランスの底釣り、両ダンゴ

釣り時間 630分〜1330分。7時間00分の釣り。7.14/1時間午後1時過ぎてから猛烈な突風が吹き荒れましたので、楽しみを次回に残して早上がり致しました。釣りができたのは実質6時間半

朝の水温 15℃ 水色、ササニゴリ。

朝の気温 12 午後2時過ぎで20℃。晴れ、無風状態のち午後になって南西風の突風が吹き荒れました。防寒服着用。暖かい一日でした。

釣り座 94 南西の強風予想でしたのでこの釣り座にしました。風の強さが釣り座選定をかなり上回った暴風でした。主として午後1時までで納竿状態。

ウキ 尺半#8 ムクトップ 

サオ シマノの刀春16尺→景仙13。道糸1号、ハリ、上、オーナー改良スレ糸付3号茶バリ33cm、下、オーナー改良スレ糸付金バリ240cm。ハリス0.6号。

エサ (ダンゴの冬100cc+α21 20cc+(水120cc+(バラケマッハ100cc2回作りました。

朝一は静かでしたので、16尺を出しました。新旧の大型ヘラが18枚釣れました。新ベラは最初に44cmが釣れて口を水面に出さなくて取り込みが大変でした。

1時間して対岸に長ザオの宙釣りが入りました。私のエサが落ちる位置と対岸の宙の人のエサが落ちる位置が、見た目では2mも空いていないように思いました。私としてはかなり辛抱強く釣ったつもりですが、18枚を数えたところで、食いアタリが全く途絶えてしまいました。

これは向かい合わせの釣りでお互いに長ザオだったので「仕方ない状態」とあきらめました。ということで私の方からサオを短くして釣ることで自分を納得させました。

そこで、13尺を出しました。底を測ってみると手前に寄ると目盛り4つくらい浅いことが分かりましたので、手を伸ばし加減にして目いっぱい振り込んでやや高い場所の沖を釣ることにしました。ウキが手前に流れてくると目盛りが出てきますがエサは十分についている状態だったと思いました。

本日は風予想でしたのでエサは冬バージョンを作って、手水を足して20回ほど押して練ってを繰り返してエサ持ちの良い状態にしました。それをやや大きめにハリに付けて振り込みました。

ウキは真冬に使うウドンウキを使用いたしました。感度良好です。

私はいつもウキが立ってから、イチ、ニイ、サンと1秒間隔で数える習慣にしていますので、それを1520カウントしても、その間に食いアタリが出ない時は、積極的に誘いを掛ける釣りをしました。エサは誘いを510回してもハリが抜けないような粘りを出して釣りました。

本日の釣れたヘラの25%は誘いナシの食いアタリで釣れ、残りの75%は誘いをかけて食いアタリを出した釣りになりました。

本日は新ベラが5枚、旧ベラの新ベラサイズが多数交り、ガリベラが10枚、小型ナシという釣果でした。

本日の釣り座選定は南西風の強風のための釣り座でしたが、風の強さが釣り座の有利さをかなり上回っていたために、釣り辛くなって早上がり致しました。

 

釣果データ2021年11月8日(月)分

白井市の水光園 ヘラ 43 累計7,661枚。釣行112回。68/回。余り45枚。

本日新ベラ放流との情報で楽しみにして釣行しましたが、予想外の食い渋り

釣り方 バランスの底釣り、両ダンゴ

釣り時間 700分〜1500分。8時間00分の釣り。5.375/1時間。釣り座の移動などのため開始時間が遅れてしまいました。

朝の水温 15℃ 水色、ササニゴリ。

朝の気温 12 午後3時半過ぎで21℃。晴れ、無風状態、午後南東の風がやや強まりました。防寒服着用。暖かい一日でした。

釣り座 95 

ウキ 尺半#8 ムクトップ 

サオ シマノの刀春16尺→景仙12。道糸1号、ハリ、上、オーナー改良スレ糸付3号茶バリ33cm、下、オーナー改良スレ糸付金バリ240cm。ハリス0.6号。

エサ (ダンゴの冬100cc+α21 20cc+(水120cc+(バラケマッハ100cc2回作りました。

本日は最初から冬バージョンの釣りをいたしました。結果として、とても辛抱が要りました。食い渋りのため。

16尺で新ベラ狙いで釣りましたが、19枚釣れて、その後は食いアタリが全くなくなりました。ここは「食い気のあるヘラを全部釣ってしまったし、ヘラの回遊が遅い」と判断して、ただちに、12尺を出しました。

ただし、サオの長さを替えたのが「よかったのか悪かったのか」とい点についてはよく分かりません。私は替えたということだけです。

12尺でぽつぽつ釣って、午後2時過ぎになってから、ツンツンとウキが入るようになりました。面白いものです。急に、いい気分になって釣って、上りベラ4(フォー)まで釣れました。エサ切れで納竿でした。

私がいつも言う「営業ベラ」が本日はまっとりと最終局面で食ったということです。エサはなくなるし、ヘラはよくあたっているし、ということでしたが、午後3時前に納竿しました。気分の良さは次回のためにとっておこうと思いました。

本日は「終わりよければ一日ヨシ」という典型的な釣りになりました

私の友人が私と同じくらいの釣果だったように見受けました。とても上手に釣ったと思いました。

対岸の人たちは底釣りから宙釣りに変更した人たちが何人もおられたように思いました。底釣りで釣れなければ宙にするというのは理屈にあっていて宜しいかとおもいました。釣れないことほどつまらないことはありませんので。

釣果データ2021年11月5日(金)分

白井市の水光園 ヘラ 70 累計7,618枚。釣行111回。68/回。余り70枚。ザリガニ1尾。11/411/5連続の釣りは私としては珍しいです。体調良し。

釣り方 バランスの底釣り、両ダンゴ

釣り時間 630分〜1500分。8時間30分の釣り。8.23/1時間。食いアタリはとても明確でした。

朝の水温 15℃ 水色、ササニゴリ。

朝の気温 9 午後3時半過ぎで19℃。晴れ、無風状態、北寄りの風少し。防寒服着用。暖かい一日でした。

釣り座 95 

ウキ 尺半#9→歌麿#8 ムクトップ 

サオ シマノの景仙13尺→刀春16尺。道糸1号、ハリ、上、オーナー改良スレ糸付3号茶バリ33cm、下、オーナー改良スレ糸付金バリ240cm。ハリス0.6号。

13尺を出しましたが、釣れるヘラはガリベラ、小型、中型ということで、狙っている新ベラ及び新ベラサイズの旧ベラが釣れませんでした。ということで13尺で釣れていましたが16尺に変更しました。我ながらどうしようもないせっかちな性格だと思いました。

エサ @(ダンゴの冬100cc+ダンゴの夏100cc+ヘラスイミー100cc+(水160cc+(バラケマッハ100cc1回作りました。A(ダンゴの冬100cc+α21 20cc+(水120cc+(バラケマッハ100cc1回作りました。

新ベラを釣りたい一心で13尺→16尺に変更しました。

13尺で15枚は釣りました。16尺で55枚ほどを釣ったことになります。

16尺で1枚目が「新ベラ」。「」付なのは「自己申告」だから。

16尺で新ベラ(と私が思ったもの)が5枚、新ベラと同サイズの旧ベラ(色が違う)が多数、ボッテリした中型が多数、ガリベラ数枚、小型1枚という釣果でした。

本日の唯一の「誤算」は、天気が良すぎて対岸からの反射光で双眼鏡を使用中にもかかわらず、ウキがとても見にくかったことです。ともかく見えないのです。8時過ぎから10時半過ぎまでの2時間半は「釣りにならない」位、つまらない思いをしました。それと二つ目は枯葉が凄いです。釣り座の周辺に集まってしまって「裸眼」では反射光で見えないのです。振り込んでから双眼鏡で見てラインを按配しました。この時間帯はエサ打ちが主であって、釣果はポツンポツンでした。@のエサはかなり2時間半の間に投入したと思います。午後になって日が当たってきて見にくさは解消していいペースで釣れました。

10時半すぎてからAのエサを作りました。このエサは「冬用」のエサです。水分をじっくりと吸わせてからバラケマッハを入れてかき混ぜました。芯残りのするエサに手直しができます。

ウキも冬用の「歌麿#8」にしました。よくなじませるために、小分けしたエサを30回ほどしっかりと練りました。手にベトツクくらいにしました。それを私としては普通の大きさにハリに付けて目いっぱい放りました。それでもハリから脱落しないエサになっています。脱落するようでは練りが足りません。

ナジムまでに仕掛けを持っていくヘラはいませんでした。バラケが弱いからです。@のエサではたまに途中で持っていくヘラがいました。

本日はAのエサにしてから冬用のウキでじっくりと待つ釣りをいたしました。確実にアタリを取れたと思っています。

これからは水温が下がっていきますので、エサ・ウキの切り替えをしていこうと思っています。条件さえ合えば「爆釣」があると思いますが、そのチャンスもだんだんと少なくなってしまう季節になりました。

私の左にダンゴの底釣り→宙釣りが一人。よく「あたっていた」と思いました。スレ掛かりがとても多いと見受けましたがウキの大きさとアワセのタイミングだと思いました。スレが嫌になったのでしょう、10時過ぎにあれほどあたっていた底釣りを止めて宙にしてしまいました。

釣果データ2021年11月4日(木)分

白井市の水光園 ヘラ 80 累計7,548枚。釣行110回。68/回。余り68枚。ザリガニ2尾。

釣り方 バランスの底釣り、両ダンゴ

釣り時間 630分〜1430分。8時間00分の釣り。8/1時間食いアタリはとても明確に出せました11尺で30枚、16尺で25枚、13尺で25枚でした。サオを替えたのは食いアタリが急に少なくなってしまったからでした。アタリが続けば大釣りができたはず。

朝の水温 15℃ 水色、ササニゴリ。

朝の気温 12 午後3時過ぎで18℃。晴れ、無風状態。防寒服着用。暖かい一日でした。

釣り座 32 この席は31番の右の席で無番です。

ウキ 尺半#9 ムクトップ 

サオ シマノの景仙11尺→刀春16尺→景仙13。道糸1号、ハリ、上、オーナー改良スレ糸付3号茶バリ33cm、下、オーナー改良スレ糸付金バリ240cm。ハリス0.6号。

食いアタリが急に少なくなってしまうので、やむなくサオの長さを替えて釣りました。それなりによく釣れたと思いました。食いアタリはとても明確

エサ (ダンゴの冬100cc+ダンゴの夏100cc+ヘラスイミー100cc+(水160cc+(バラケマッハ100cc2回作りました。

朝一から時速10枚ペース。ただし、食いアタリまでやや時間がかかりますが、とても明確なツンが多発

もうちょっと入れ食いタイムがあれば、という気持ちを終日持ちながらの釣り。その意味では気持ちだけがググッと前のめりになっていたように思いました。

11尺で釣っていて30枚釣ったところでザリガニを釣りました。ヘラの食いアタリがなくなってしまいました。

仕方なく16尺にしました。こんなときはエリアを変えればそれなりにある程度釣れてくるのは経験済み。

25枚釣って13尺にしました。理由は前と同じ。

納竿まで時速10枚前後のペースで釣れて午後2時半で終わりにしました。

釣れた型は中型がとても多かったです。巨大な新ベラ2枚。ガリベラ4枚。小型ナシ。

8時半頃になって私の左に宙釣りが一人、間2席空けてくれました。このときに16尺にしたのです。午前11時半になって私の右に2席空けて宙釣りが一人、その右に宙が3人。私の右手の人は13尺で宙なので、私の16尺と同じラインにウキが立っています。ということで食いアタリも遠くなったので、13尺を出しました。

そんなわけで私の左右は宙釣りばかりでしたが、私の底釣りは「まあまあのペース」で一日釣ることができました。アタリが明確だったことが収穫だったです。

本日は宙釣りの人がほとんどで、見えた限りでは底釣りは私だけ。

釣果データ2021年11月1日(月)分

白井市の水光園 ヘラ 101 累計7,468枚。釣行109回。68/回。余り56枚。ザリガニ2尾。クチボソ1尾。100枚以上今シーズン26回目。昼過ぎから急激に食いアタリがなくなってとても気をもみながら釣りました。

釣り方 バランスの底釣り、両ダンゴ

釣り時間 620分〜1520分。9時間00分の釣り。11.22/1時間。食いがとても良かったのは11時半過ぎまでで、その後は食いアタリがなくなって、どういうことでしょうか、ザリガニとクチボソだけが釣れてしまいました。100枚の大台に乗りそうなペースだったのですが、午後からはなかなか数が伸びなかったので、とうとう、時間延長してずるずると午後320分まで釣ってしまいました。上りベラの最後の1枚(101枚目)のヘラがなかなか釣れませんでした。雨がポソポソきましたので、とても焦りました。

朝の水温 15℃ 水色、ササニゴリ。

朝の気温 13 午後3時半過ぎで18℃。曇り、無風状態、のち北東の風のち東の風。防寒服着用。テント使用。午前5時半に千葉県北西部地方の天気情報047-177で午前5時現在の天気情報を携帯で聴いたところ、昼過ぎから雨、雷注意報発令中、ということだったので、テントを張りました。ところが薄日が差して、無風、暖かくて、午後2時半過ぎになってポソポソと降りました。それだけ。

釣り座 96 金曜日にいい釣りをした隣席。

ウキ 尺半#9 ムクトップ 

サオ シマノの景仙12尺。道糸1号、ハリ、上、オーナー改良スレ糸付3号茶バリ33cm、下、オーナー改良スレ糸付金バリ240cm。ハリス0.6号。

10尺で釣らなかったのは根掛かりがあるため。

エサ (ダンゴの冬100cc+ダンゴの夏100cc+ヘラスイミー100cc+(水160cc+(バラケマッハ100cc2回作りました。

本日は投入10投目で釣れて、その後はほぼ入れアタリ状態。元エサを小分けしてハリに付ける大きさに丸めてハリに押し付けるようにしてつけただけ。エサ合わせの必要がなく、朝一から良い気分で釣りました。こんなこともあるのです

食いが一巡したのは午前10時半過ぎ。今度は小分けした元エサに手水を3回足して押して練って、ということで4050回ほど押しと練りを加えました。このエサで午前中また釣れました。

本当に食いアタリがなくなってしまったのは正午過ぎ、やむなく、16尺を出しました。エサは使っていたものをそのまま使用。中型のヘラが12枚釣れました。そろそろもういいかっ、と思って12尺に戻しました。

ポツポツ釣れましたが食いアタリのペースがとても長いです。大台の釣りができかかっているので、もう少し、もう少し、ということで時間延長してとうとう320分まで釣ってしまいました。

最後の3枚がなかなか釣れませんでした。ぽつぽつと雨が降ってきました。焦りました。というのはテントを濡らしてしまうからです。変な話ですが、できることなら濡らさないでしまいたかったのです。

他の人は雨を見てすぐに上がってしまったので、私が釣り人の最後の一人になってしまいました。

私の対岸右手に底釣りのグループが5人、その他底釣りが4名ほど。みなさんも釣れていたように見受けました。

常連さんとの会話では、5人グループが釣っていたエリアは魚影がとても濃いのだそうです。ということで私に、そこらへんで釣ったら、というアドバイス。有難く拝聴しました。

本日は私の左右には人がいなくて、対岸だけ。ということはこちら側のヘラは全部「いただき」ということで、あとはヘラの活性次第でした。対岸の魚影が濃いエリアも魅力がありますが、釣り人が7名も並んで座っていますと、100枚という大釣りはとても無理です。7名で魚を分け合ってしまうからです。

釣果データ20211029日(金)分

白井市の水光園 ヘラ 105 累計7,367枚。釣行108回。68/回。余り23枚。ザリガニ1尾。クチボソ1尾。100枚以上今シーズン25回目。終日、とても気持ちよく釣ることができました。

釣り方 バランスの底釣り、両ダンゴ

釣り時間 630分〜1430分。8時間00分の釣り。13.125/1時間。時間で上りました。エサはかなり余らせてしまいました。

朝の水温 15℃ 水色、ササニゴリ。

朝の気温 11 午後3時過ぎで18℃。晴れ、無風状態のち北の風強く吹き、ときどき南風になりました。逆の風向きになって何かおかしいです。防寒服着用。

釣り座 95 対岸の31番の反対側。一昨日、32番で数を釣りましたが新ベラが1枚も釣れなかったので反対側の釣り座に来ました。釣れるかどうか賭けをしました。大成功。新ベラ5枚、ガリベラ2枚、小型なし、あとは旧ベラの新ベラサイズが多数、35cm前後が多数。

ウキ 尺半#9 ムクトップ 

サオ シマノの景仙12。道糸1号、ハリ、上、オーナー改良スレ糸付3号茶バリ33cm、下、オーナー改良スレ糸付金バリ240cm。ハリス0.6号。

10尺で釣らなかったのは根掛かりがあるため。11尺でもウキが手前に流れると「危ない」ので、12尺で安全確保です。良く釣れ続きました。

エサ @(ダンゴの冬100cc+α21 20cc+(水120cc+(バラケマッハ100cc1回作りました。A(ダンゴの冬100cc+ダンゴの夏100cc+ヘラスイミー100cc+(水160cc+(バラケマッハ100cc2回作りました。

Aのエサをメインに使って@のエサを補助エサとして間に挟んで釣りました。Aのエサでとてもよくヒットしました。

一昨日の反対側の釣り座。「新ベラを釣りたい一心」で強風予想に関わらず、この席にしました。風は終日吹きましたが釣りの邪魔にはなりませんでした。

ナジミがよく出て、カチン、ドン、チクッとよく食いアタリが連発して、とても「気分よく」一日釣りができました。一昨日に続いて大釣りができました。

エサの使い方は前回と同様でした。ただ、Aのエサで食いアタリが頻発していたので、@のエサはいくらも使いませんでした。そのかわりAのエサを2回作りましたので、結局、エサはかなり余らせてしまいました。

奥の池にカップルが底釣り、対岸に宙が二人と底釣りが二人。ともにぽつぽつ釣れていたと思いました。

12尺で食い渋ってきたら16尺にしようと思っていましたが、終日、12尺で釣れ続きました。このような日もあります。超ラッキー。

釣果データ2021年10月27日(水)分

白井市の水光園 ヘラ 120 累計7,262枚。釣行107回。67/回。余り93枚。ザリガニ7尾。100枚以上今シーズン24回目。とてもよく釣れたと思いました。

釣り方 バランスの底釣り、両ダンゴ

釣り時間 630分〜1500分。8時間30分の釣り。14.11/1時間。枚数で上りました。エサはちょっとだけ余りました。ほぼエサ切れ状態。

朝の水温 15℃ 水色、ササニゴリ。

朝の気温 10 午後3時半過ぎで15℃。朝は曇り、10時頃から雨、無風状態のち北東の風少々、雨予想でしたので始めからテントを張りました。防寒服着用。テントの中は暖かいです。

釣り座 32 31番の右隣席、無番の場所です。

ウキ 尺半#9 ムクトップ 

サオ シマノの景仙11尺→刀春16。道糸1号、ハリ、上、オーナー改良スレ糸付3号茶バリ33cm、下、オーナー改良スレ糸付金バリ240cm。ハリス0.6号。

エサ @(ダンゴの冬100cc+α21 20cc+(水120cc+(バラケマッハ100cc1回作りました。A(ダンゴの冬100cc+ダンゴの夏100cc+ヘラスイミー100cc+(水160cc+(バラケマッハ100cc1回作りました。エサ切れ間近で120枚になったので3時にはちょっと間がありましたが納竿しました。

@のエサで釣り始めました。元エサのママで押さず練らずということでやや大きめにハリにつけました。ウキが僅かに上下した後にストンと入るアタリが続発しました。無駄打ちが少なくてエサ使いの効率がとてもいいです。@のエサが少なくなったのでAのエサを作りました。手水を3回足して押して練ってを20回ほど繰り返して柔らかくてエサ持ちのよいエサにしました。水分がこれ以上多いとウキの戻りが早くなってしまいました。そのときは元エサを少し足して再度押しと練りを加えてエサの粘度調整をしました。終日このエサでよく釣れ続きました。

本日はエサ合わせに苦労することなく、終日コンスタントに釣れました。ラッキーだったと思いました。

今日は11尺で釣っていますがいつもは10尺ですがどうしてですか、という質問を受けました。答えは10尺のサオでは根掛かりがあるから、でした。ウキが流れたりしなければ10尺でOKです。釣っている最中に根掛かりでハリを取られるのが嫌だったので始めから11尺にしたのです。

じつはこの釣り座は、10年以上昔のことですが、ここに池の水を曝気(酸素を注入)するための水車があったのです。それを今の位置に移設しました。ですから水車を乗せていた杭が水中に残っているというのです。波除ロープは31番と無番の間でした。これはそのままでした。何年かして波除ロープを現在の位置にしたのです。ということで無番の前は8尺・9尺は根掛かりでとても駄目で、10尺でようやく根掛かりしながらの釣りができる、というわけです。

この話は私が@聞いた話とA実際に見ていた話が合わさっています。どっちにしても本日はいきなり11尺で始めたわけです。もともと隣席の31番とこの無番の席はチャンスがあれば大釣り出来る釣り座なのです。

そんなことを説明いたしました

ですが、お目当ての新ベラが11尺でいくら釣っても釣れてきません。数はたくさん釣れていたのです。そこで午後から思い切って16尺を出しました。つまり、新ベラの大型を釣りたい一心だったわけです。ところが結局のところ数は釣れましたが新ベラはゼロでした。まあ、両手に花というわけにはいかないものです。本日は100枚以上釣れたということで満足して納竿致しました。

サリガニはとても巨大ともいえる大きなのが2尾も釣れました。

本日は底釣りの人ばかりだったと見受けました。新ベラが3枚釣れた、という会話が聞こえてきてうらやましいと思いました。

釣果データ2021年10月25日(月)分

白井市の水光園 ヘラ 60 累計7,142枚。釣行106回。67/回。余り40枚。ザリガニ1尾。少しばかり食い渋りと思いました。

釣り方 バランスの底釣り、両ダンゴ

釣り時間 630分〜1430分。8時間00分の釣り。7.5/1時間。前回の半分。

朝の水温 15 水色、ササニゴリ。金曜日よりも2℃も急降下。この秋の最低水温更新。

朝の気温 8 午後3時過ぎで16℃。朝は晴れ、10時頃から曇り、無風状態、雨予想でしたので雨が降ったら即納竿の構えで釣りました。防寒服着用。時間で上がりました。

釣り座 123 浅いです

ウキ 尺半#9 ムクトップ 

サオ シマノの景仙・桔梗14。道糸1号、ハリ、上、オーナー改良スレ糸付3号茶バリ33cm、下、オーナー改良スレ糸付金バリ240cm。ハリス0.6号。

エサ ダンゴの冬100cc+α21 20cc+(水120cc+(バラケマッハ100cc2回作りました。待ち時間の長い一日でしたので、エサは余らせてしまいました。

夏バージョンのエサが使いにくい日でした。従って冬バージョンのエサを作りました。このエサは結局、元エサのママやや大きめに丸めて投入してちょうどよかったです。終日、このエサ使い。

この釣り座付近は底浚いが終わった直後です。パラソルの残骸が4つほど取れたそうです。水深は他の場所よりも30cmは浅いです。10尺、14尺ともに同じような水深です。使って試しました。

ヘラの寄りは今一でした。大釣り出来るような寄り方ではありませんでした。ヘラの食いアタリがなくなってしまう時間帯が中間に飛び飛びで挟まりました。エサ打ちを丁寧に続行してヘラの寄りを待ちました

食いアタリはなかなか出ないので、待ち時間が2030秒以上ありました。ウキが戻ってきてからのコツンという小さなアタリがとてもよく釣れました。ウキのナジミが深い時のアタリは空ツンの確率が高かったです。

食い渋りとかヘラの寄りが思ったよりも少ないと感じた時は待ち時間が長いです。

釣れたヘラは新ベラが3枚、ガリベラが数枚、小型1枚、あとは黄色いヘラでとてもよく太ったボテッとしたヘラが多いと思いました。

対岸に底釣りの人たちが6名。中央の池に底釣り3名と宙釣りの女性1名。ぽつぽつだったと思いました。始りが良くてあとはダラダラと釣れていたように思いました。その点では私も似たりよったりでした。あとは見えませんでした。

釣果データ2021年10月22日(金)分

白井市の水光園 ヘラ 135 累計7,082枚。釣行105回。67/回。余り47枚。ザリガニ10尾。100枚以上今シーズン23回目。雨天決行の釣りでしたが思った通りの釣りになりました

釣り方 バランスの底釣り、両ダンゴ

釣り時間 630分〜1500分。8時間30分の釣り。15.88/1時間。水曜日の釣りで感じていたことがありましたが、本日は荒食いする予感みたいなものがありました。

朝の水温 17 水色、ササニゴリ。水曜日よりも1℃も下がっていました。この秋の最低水温更新。月水金と1℃ずつ下がりました

朝の気温 11 午後3時半過ぎで11℃。雨。無風状態、午後になって北風が少々吹きましたが釣りの邪魔にはなりませんでした。テント使用。防寒服着用。本日は寒かったのではと思いました。私は寒さは感じませんでした。

釣り座 9 過去に大釣りの実績がある釣り座。北風予想でしたので、この釣り座にしました。風は気になりませんでした。

ウキ 尺半#9 ムクトップ 

サオ シマノの景仙・桔梗10。道糸1号、ハリ、上、オーナー改良スレ糸付3号茶バリ33cm、下、オーナー改良スレ糸付金バリ240cm。ハリス0.6号。

エサ (ダンゴの冬100cc+ダンゴの夏100cc+ヘラスイミー100cc+160cc+(バラケマッハ100cc2回作りました。空振りの回数が普段よりは少なくて、効率よく釣ったと感じています。

終日、10尺ザオで釣れ続きました

始めて10投目で釣れてきたのは大きなザリガニ。

その後は、いきなり、「エサの状態がヘラに合ってしまった」状態で、入れ食いになりました

こんなことも久しぶりです。ヘラの食いたいエサに合わせるのに結構時間を使うことも多いのですが、本日はいきなり、釣れ始まりました。

誰が見ても、これは新ベラといえるヘラが4枚釣れました。黒鯛のように肩が張って平べったく見えて大きいです。身体はすごく大きいです。目方は1.5`をオーバーしていたのではないでしょうか。

本日はエサ合わせに苦労することなく、朝から納竿まで釣れ続きました。型は交りですが、3638cm級が一番多いと思いました。ガリベラが4枚。小型2枚。

ヘラのダブルが4回、ヘラとザリガニのダブルが2回という一日でした

雨天の日というのはどういうわけでしょうか、大釣り出来ることが多いのです。過去の実績のデータを見ていますと、それがわかります。本日も朝一で池の様子を観察して「ひょっとしたらひょっとするかも」と思いました。

ヘラの活性がとても高い一日でした。活性が高いということは、池の管理の状態がとても良かったからでは、と思うのです

このような日が雨天の日にあるのです。ということで、雨覚悟の釣りでした。テントを張って防寒服を着て、襟巻を付けて、何も寒さの不安などありませんでした。

釣果データ2021年10月20日(水)分

白井市の水光園 ヘラ 60 累計6,947枚。釣行104回。66/回。余り83枚。ザリガニ3尾。クチボソ1尾。本日も大型が多数釣れました

釣り方 バランスの底釣り、両ダンゴ

釣り時間 630分〜1430分。8時間00分の釣り。7.5/1時間。浮遊物が多数押し寄せてきて午後からはウキが立ちにくくなってしまったので納竿。残念でした

朝の水温 18 水色、ササニゴリ。1℃も下がっていました。この秋の最低水温。

朝の気温 11 午後3時過ぎで19℃。晴れ。北北西の風の強風。天気予報では本日の東京は風速7mとかで木枯らし1号(風速8m)にはなりませんでした。防寒服着用。

釣り座 62 過去に大釣りの実績がある釣り座。木枯らしの予想だったのでこの席にしました。

ウキ 尺半#9 ムクトップ 

サオ シマノの景仙・桔梗14。道糸1号、ハリ、上、オーナー改良スレ糸付3号茶バリ33cm、下、オーナー改良スレ糸付金バリ240cm。ハリス0.6号。

エサ @(ダンゴの冬100cc+ダンゴの夏100cc+ヘラスイミー100cc+(水160cc+(バラケマッハ100cc1回作りました。A(ダンゴの冬100cc+α21 20cc+(水120cc+(バラケマッハ100cc2回作りました。

本日も大型が多かったです。釣果の70%は大型だったと思いました。測定最大41cmでした。7席空けて釣っていた釣り場友達は43.5cmを釣り上げて御機嫌でした。

誤算は北西風がまったく吹かなかったことです。そのため、枯葉などの浮遊物が特に午後になって多数押し寄せてきて、水面を埋め尽くして、ウキが立たなくなってしまいました。特に、1時半過ぎからが凄かったです。

友人の言葉では、浮遊物が来なかったら鈴木さんはもっともっとたくさん釣っていたはず、とおっしゃいました。

この言葉は、そのまま友人にお返しできるもので、友人ももっとたくさん釣っていたはずでした。

エサの使い方は18日と同様で良かったです。

大型については「新ベラ」なのか「旧ベラの大型」なのか、私としては判別が困難でした。宿の人が検分して新ベラはいない、といえば、18日も20日の今日も、旧ベラの大型ばかりが釣れたということになります。これは、つまり、「事件」です。いくら新ベラ放流したと言っても、旧ベラばかりの大型がこんなにたくさん釣れるというのは珍しいと思いました。

ということで、この直近の2回の釣りは大型がたくさん釣れて「超ラッキー」な釣行だったと思いました。

釣果データ2021年10月18日(月)分

白井市の水光園 ヘラ 71 累計6,887枚。釣行103回。66/回。余り89枚。ザリガニ3尾。クチボソ1尾。

40cm前後のヘラおよそ55枚ほど、大型の大漁。大満足で納竿

釣り方 バランスの底釣り、両ダンゴ

釣り時間 630分〜1500分。8時間30分の釣り。8.35/1時間。大型が多数釣れました。大当たりの日でした。

朝の水温 19℃ 水色、ササニゴリ。2℃も急降下していました。この秋の最低水温。水面も食い方も「締まった」感じがしました。

朝の気温 8 私の釣行日としてはこの秋の最低気温。午後3時半過ぎで15℃。晴れときどき曇り。北寄りの風、のち北東の風。ともにやや強く吹きました。釣りはなんとかできました。パラソルは風のため出しませんでした。防寒服着用、貼るカイロ使用。

釣り座 55 過去に大釣りの実績がある釣り座。

ウキ 尺半#10#9 ムクトップ 

サオ シマノの景仙・桔梗10尺〜14尺。道糸1号、ハリ、上、オーナー改良スレ糸付3号茶バリ33cm、下、オーナー改良スレ糸付金バリ240cm。ハリス0.6号。

エサ @(ダンゴの冬100cc+ダンゴの夏100cc+ヘラスイミー100cc+160cc+(バラケマッハ100cc1回作りました。A(ダンゴの冬100cc+α21 20cc+(水120cc+(バラケマッハ100cc2回作りました。

私の予定していた釣り座は宿の作業のため座れませんでした。ということで、秋から冬にかけて過去に実績のある釣り座を選びました。風が左から強く吹いてくるのは「仕方ない」と覚悟の釣り。

水温が低いので、いよいよ、10℃台になったということで、これは測定して分かったことで、それではエサを冬ブレンドのAを作り、@は水を160ccと今までよりも10cc多くして作りました。季節の変わり目なのでどちらのエサで入れ食いになるか分かりませんので、それと、冬用のブレンドでどの程度のウキの大きさがベスト(本日は、ということ)をテストしながらの釣り。

結果としては、どちらのエサでも大型がとてもよく釣れました。

朝一は10尺で始めて2時間釣って10枚、ザリガニ2尾ということで、続けて2尾ザリガニが釣れたところで、10尺を中止しました。ヘラの型がガリベラと「中型の小」クラスばかりでしたので、嫌になったのです。

そこで風が出るのを承知の上で14尺を出しました。

目いっぱい振り込むと池の中央の水車の羽根の付近に着水。ウキは試しに#9を使用。ナジミが悪ければ#10にするつもりが、なんと、しっかりとナジミます。さすがに水温19℃だけのことはあると思いました。

アタリは明確で、ウキが上ったり下がったりしていて、ググッと3目ほど引き込みます。これが食いアタリでした。ときやり、食い上げも交りました。

14尺で釣れたヘラはほとんどが40cm以上と思われる大型。試しに測ってみたら42.5cmありましたので、他のヘラも40cm前後は間違いなくあったと推定しています

14尺のサオが物凄いシナリで、両手で支えないと持ち切れませんでした。サオが立ったところで片手にして取り込みました。

私の左隣りに9尺の底釣りのお年寄り、先週の金曜日の倍は釣ったと御機嫌でした。ただ、私の大型ヘラには脱帽というところでした。私としては終日、釣れるヘラの型を見ていてもらえたので有難いと思いました。

55番という釣り座は過去にも晩秋から真冬にかけて「大型ばかりの」釣果の実績がある釣り座で、本日もやみくもに座ったわけではないのです。ただし、大型が釣れるのはサオが13尺〜14尺の長さです。

なお、これほど大型ばかりが大漁で釣れた「原因については」私としてはよく分かりません。実績頼りの釣り座選定といってもかなり「悪運あるいは釣り運」というものがあったのではと思っています。

最後に、エサは、@は小分けして手水を23回足して30回ほどしっかりと練ったもので私としては大きく付けたもの(水温がもっと下がったら元エサを作る時の水を10ccずつ増やしていく)Aは元エサのママのものを摘まんで丸めてハリに押し付けるようにして付けたものでやや大きく付ける、というエサの使用方法でした。ただし、「本日はこれでOKでしたが次回は違う」と思っています。ヘラの「釣れるエサ」を早い時間で見つけるのが大切だと思います。釣り人の使うエサにヘラを食わせる、のではなく、ヘラの食いたいエサを作る、ということを心がけているつもりです。

釣果データ2021年10月15日(金)分

白井市の水光園 ヘラ 47 累計6,816枚。釣行102回。66/回。余り84枚。ザリガニ10尾。クチボソ3尾。本日は期待外れの食い渋りと思いました。

釣り方 バランスの底釣り、両ダンゴ

釣り時間 600分〜1500分。9時間00分の釣り。5.22/1時間。一昨日の43%の釣果。食い渋りでした。

朝の水温 21℃ 水色、ササニゴリ。1℃下がりました。水面からかなり水蒸気が立ち昇っていました。

朝の気温 14 午後3時過ぎで25℃。晴れ。無風状態、のち南寄りの風。パラソル使用。日中は日にあたると暑いです。

釣り座 61 過去に大釣りの実績がある釣り座。

ウキ 尺半#10、かちどき#11 ムクトップ 

サオ シマノの景仙・桔梗9尺、10尺、11尺、13尺。道糸1号、ハリ、上、オーナー改良スレ糸付3号茶バリ33cm、下、オーナー改良スレ糸付金バリ240cm。ハリス0.6号。

エサ (ダンゴの冬100cc+ダンゴの夏100cc+ヘラスイミー100cc+(水150cc+(バラケマッハ100cc2回作りました。

本日は食い渋りのため、食いアタリが少ないです。ウキは動きますが、食いアタリではないです。ポツンポツンの釣り。

午後になって仕方なく、冬ブレンドのエサを作って釣りました。ウキの大きさを変えながら、冬ブレンドのエサでどのような釣りになるかのテストでした。結果としては、なんとか、使えたなか、という感じ。もう少し気温と水温が下がるといいと思いました。

本日のような食い渋りの時は、ウキの下にヘラが「いないわけではない」、と思うのですが、ウキを動かすだけで、なかなか、カチンとウキが沈みません。しかたなく、やや大きく固めのエサにして食い上げアタリを待つ釣りもやってみました。ぽつぽつでした。

本日のような日は、食い気のあるヘラが比較的に多くいた釣り座、あるいはエリアに当った人は幸運だったかと思いました。

このようなボヤキを書くようでは私もヤキが回ったとしか言いようがありません。

釣り人の中には底釣りを中止して宙釣りに変更された方も何人かおられたようです。それで釣れればいうことありません。

定年退職された年齢の方であれば釣りの先がまだまだ長いので、宙釣りのトレーニングをしておくのも良いかと思います。私の場合はもう年齢的に後がないので底釣り一辺倒です。

宙釣りの場合は底釣りの釣果の2倍を目標に釣るのが良いと言われています。それで底釣りの人とトントンです。

いずれにしても、宙なり底なりをある程度「極めてしまう」という心掛けがいいと思うのです。どっちつかずでどちらの釣りも中途半端というのはどうでしょうか。ある一定期間、宙釣りを徹底的にやる、というのはどうでしょうか。

私の場合は底釣りだけで釣っていますが、いまだに、終着点が見えない昨今です。釣果としては一進一退の毎日です。

釣果データ2021年10月13日(水)分

白井市の水光園 ヘラ 108 累計6,769枚。釣行101回。67/回。余り2枚。ザリガニ6尾。100枚以上今シーズン22回目。遠雷が聞こえた気がしたので納竿。エサを余らせてしまいました

釣り方 バランスの底釣り、両ダンゴ

釣り時間 610分〜1440分。8時間30分の釣り。12.70/1時間。テント内で雨に濡れず寒くなくて快適な釣りでした。遠雷のため納竿。

朝の水温 22℃ 水色、ササニゴリ。

朝の気温 18 午後3時過ぎで17℃。下がっていました。朝から降ったりやんだり。終日、吐く息が白かったです。パラソル使用。北寄りの風がやや強く吹きました。向かい風と波でした。

釣り座 10 今の季節に過去に大釣りの実績がある釣り座

ウキ 尺半#10 ムクトップ 

サオ シマノの景仙・桔梗10尺。道糸1号、ハリ、上、オーナー改良スレ糸付3号茶バリ33cm、下、オーナー改良スレ糸付金バリ240cm。ハリス0.6号。

エサ (ダンゴの冬100cc+ダンゴの夏100cc+ヘラスイミー100cc+(水150cc+(バラケマッハ100cc3回作りました。遠雷のため早く上がったのでエサをかなり余らせてしまいました。

雨は覚悟の釣り。釣り人が少ないだろうとの「打算」がありましたが、予想通りでした。

本日、大台に乗れたのは@対岸、直近の左右に釣り人がいなかったことAヘラの動きがそれなりに活発だったことB10月中旬に過去に大釣り実績がある釣り座だったこと、などが原因と思いました

いずれにしても、いつもは釣り人が入れ代わり立ち代わり座っている釣り座周辺でしたので、本日のような悪天候の日を選んで座りました。それなりに成功したと感じています。周囲に数人の釣り人がいたら、このようなヘラの寄りはなかったと思っています。分散してしまうからです

大型からガリベラまで型は交りでした。たくさん釣れるときは小型中型ガリベラがたくさん交りませんとなかなか数は伸びないです。

本日はエサ合わせに成功するまでおよそ1時間15分もかかってしまいました。どのタッチのエサでもぽつぽつとは釣れるのですが、なかなか入れ食いがなかったわけです。

エサは結局本日は、小分けしたエサに手水を23回補充しておよそ50回以上しっかりと練ったエサが良かったです。かなり粘りが出たエサで、ただし、水分が多いとウキの戻りが早いので要注意でした。その場合は元エサを少し足して再度練り込みました。

このエサでOKとなった後はハリに私としてはやや大きくしっかりと付けて落とし込み要領を中心として釣りをいたしました。いいペースで釣れたと感じています。

ヘラが余分に寄った時は水面が少し黒く見えましたので、そのときは元エサを少量追加してさらに練って水分の少ないエサにして釣りました。

元エサのママで練ったしっとりボソのエサは空ツンが多くて釣りにくいと思いました。このエサではザリガニは釣れませんでした。

他の釣り人の様子はテントが邪魔して見えませんでした。ただ、声がよく聞えましたので、釣れていたのでは、と思いました。

明日は早朝に新ベラ放流がされる予定でその準備がされていました

釣果データ2021年10月11日(月)分

白井市の水光園 ヘラ 70 累計6,661枚。釣行100回。66/回。余り61枚。ザリガニ4尾。

来る1014日(木)に新ベラ放流予定と聞きました。

釣り方 バランスの底釣り、両ダンゴ

釣り時間 630分〜1430分。8時間00分の釣り。8.75/1時間。ググッと気持ちは前のめりになるのですが、いまいち、食いアタリが続きません。チャンス待ちです。

朝の水温 22℃ 水色、ササニゴリ。

朝の気温 19 午後3時過ぎで28℃。パラソル使用。晴れ。南の風やや強く吹きました、パラソルを心配する程度にです。暑いです。

釣り座 58 

ウキ かちどき#11、尺半#10 ムクトップ 

サオ シマノの景仙・桔梗10尺→11尺。道糸1号、ハリ、上、オーナー改良スレ糸付3号茶バリ33cm、下、オーナー改良スレ糸付金バリ240cm。ハリス0.6号。

エサ (ダンゴの冬100cc+ダンゴの夏100cc+ヘラスイミー100cc+(水150cc+(バラケマッハ100cc2回作りました。

ザリガニは朝の1時間で釣れただけ。あとはクチボソアタリだったと思います。ザリガニ対策を講じたとのことでした。

ヘラの食いアタリはまあまあ出たと思いました。ただし、ヘラがいなくなっちゃった、と感ずる時間帯が釣れたあとに必ずありました。エサ打ちを中断せずに続行するしかありませんでした。回遊してくるヘラを待つだけです。

そういう意味では、気持ちがググッと前のめりになっていても、釣れてこないもどかしさがありました。

釣れたヘラのサイズはコロコロと太っていて重いヘラでした。ガリベラが10枚程度。それ以下の小型はなし。大型が2枚という一日でした。

底釣りは私と私の隣のお年寄りの二人だけ、あとは全員宙釣り。私の対岸に一人宙釣り。ぽつぽつ。
ヘラの活性が高まるのを待つだけです。
釣果データ2021年10月8日(金)分

白井市の水光園 ヘラ 105 累計6,591枚。釣行99回。66/回。余り57枚。ザリガニ20尾、クチボソ2尾。100枚以上今シーズン21回目。

釣り方 バランスの底釣り、両ダンゴ

釣り時間 600分〜1445分。8時間45分の釣り。12/1時間11尺でもよく釣れたので時間延長して大台に乗りました。ラッキーでした。

朝の水温 22℃ 水色、ササニゴリ。

朝の気温 21 午後3時半過ぎで30℃。パラソル使用。晴れ。北の風、午後南の風。暑いです。

釣り座 59 

ウキ かちどき#11ムクトップ 

サオ シマノの景仙・桔梗10尺→11尺。道糸1号、ハリ、上、オーナー改良スレ糸付3号茶バリ33cm、下、オーナー改良スレ糸付金バリ240cm。ハリス0.6号。

エサ (ダンゴの冬100cc+ダンゴの夏100cc+ヘラスイミー100cc+(水150cc+(バラケマッハ100cc3回作りました。大台に乗せたいので3回目のエサを作って時間延長して釣りました

本日はヘラが比較的に良く寄ったと感じています。しかし特別な荒食いとは言えませんでした。ザリガニアタリが前回よりは少なく感じました。ヘラの寄りがわりとよかった為でしょう。

元エサを小分けして拳骨で押してひっくり返してまた押して、ということで練らずにやや大きめにハリに付けて正解でした。しっとりボソタッチでした。このタッチに決まるまで若干時間がかかりました。

ウキはかちどきの#11を使いました。始めは尺半の#10ではじめましたがクチボソが多くてナジミが浅いので、かちどきに替えました。ナジミはいいです。エサをやや大きくつけましたので、クチボソやザリガニに喰われてもエサはハリに残っていますので、カチッという食いアタリがとれました。食い上げアタリも結構出せました

エサの消費量が多くて3回目のエサを作って時間延長して大台を狙いました。

本日のヘラの食いは前回よりはずっと良かったと思いました。それでも「荒食い」とまではいきませんでした。

本日は釣り人がわりと少なくてのんびりと釣りができました。底釣りは私一人だけ。あとは宙釣り。

釣果データ2021年10月6日(水)分

白井市の水光園 ヘラ 72 累計6,486枚。釣行98回。66/回。余り18枚。ザリガニ23尾、クチボソ4尾。

釣り方 バランスの底釣り、両ダンゴ

釣り時間 630分〜1500分。8時間30分の釣り。8.47/1時間。13尺でよく釣れたので3時まで釣ってしまいました

朝の水温 22℃ 水色、ササニゴリ。

朝の気温 19 午後3時半過ぎで25℃。パラソル使用。晴れときどき曇り。北東の風、午後は強まりました。

釣り座 60 

ウキ 尺半 #10#11、かちどき#12 ムクトップ 

サオ シマノの景仙・桔梗10尺→9尺→13尺。道糸1号、ハリ、上、オーナー改良スレ糸付3号茶バリ33cm、下、オーナー改良スレ糸付金バリ240cm。ハリス0.6号。

エサ (ダンゴの冬100cc+ダンゴの夏100cc+ヘラスイミー100cc+(水150cc+(バラケマッハ100cc2回作りました。エサ切れ直前でした。釣果に対して消費量が多いのは空振りが多かったため

朝一の3時間が忙しかったです。ヘラが思ったより寄ったことと、ザリガニとクチボソがともに多かったため。

ヘラのダブル、ザリガニのダブル、ヘラとザリガニのダブル、ヘラとクチボソのダブル、という具合で、ともかくウキが動きっぱなしだったので、ただ、ひたすら振り込んでアワセていました。

10時過ぎから食いアタリが一巡したようで、クチボソアタリばかりになってしまいました。トイレに行って、2回目のエサを作って、サオを替えて、という具合で心機一転しました。

本日で一番ペースがダウンして釣れなかったのが10時過ぎから正午過ぎまで。

しかたなく、今度は13尺を出しました。このところ13尺、14尺はいい釣りができていないのですが、本日はやってみなくては分からない、と半ばやけくそのサオ交換。

おまけに風が強まってきました。そこで「かちどき#12」のウキをつけました。それで風に対抗して目いっぱい振り込みました。オモリがとてもたくさんついているので、ナジミはとても早いです。風が強いのでやむなしの釣りです。

ところが、ヘラ、ザリガニ、クチボソと3種類が釣れてきます。なーんだ、本日は13尺でOKかよ、と思いましたが、そのまま続行。

13尺で思いがけなくポツポツポツと釣れるものですから、時間延長して午後3時まで釣ってしまいました。

上りベラと思っていましたが釣れたのは上りザリガニ。これは本日のご愛嬌と言ったところでした。

朝一のヘラの寄り具合が終日続いてくれればありがたかったと思った一日でした。

釣果データ2021年10月4日(月)分

白井市の水光園 ヘラ 73 累計6,414枚。釣行97回。66/回。余り12枚。ザリガニ18尾、クチボソ2尾。

釣り方 バランスの底釣り、両ダンゴ

釣り時間 610分〜1440分。8時間30分の釣り。8.58/1時間。時間で上がりました。

朝の水温 21℃ 水色、ササニゴリ。

朝の気温 19 午後3時過ぎで29℃。パラソル使用。晴れときどき曇り。南の風が午後にやや強くなりました。

釣り座 61 

ウキ 尺半 #10 ムクトップ 

サオ シマノの景仙・桔梗10尺。道糸1号、ハリ、上、オーナー改良スレ糸付3号茶バリ33cm、下、オーナー改良スレ糸付金バリ240cm。ハリス0.6号。

エサ (ダンゴの冬100cc+ダンゴの夏100cc+ヘラスイミー100cc+(水150cc+(バラケマッハ100cc2回作りました。本日は使い残りがわりと多かったです。

ヘラの食いアタリはまずまずのアタリだと感じました。

ただし、釣れない時間帯が間に挟まります。

やむなく、13尺と14尺を出しました。つまりませんでした。ということで11尺にしてみました。これが良く釣れてしばらくは11尺で釣りました。その後、9尺にしました。手元でアタリがよく見えます。納竿まで9尺で釣りました。

10尺を中止した理由は根掛かりが3回もあったからです。これまで17年間も61番の席は座ってきたわけですが、10尺で根掛かりというのは一度もありませんでした。それに直近では先週の月曜と水曜にこの釣り座で10尺で100枚以上を釣ったわけです。それで本日も大釣り期待で座ったわけです。根掛かり発生の理由は不明です。宿の人には事情を話しておきました。そんなわけで10尺ザオを仕舞いました。

終日、ポツポツの釣り。6cmのミニヘラが2枚釣れました。クチボソよりちょっとだけ大きいサイズ。放流。ミニヘラの空ツンがかなり含まれているのだろうと推測。

ザリガニはいつもの通り。私はザリガニ釣り名人と先日にお年寄りが名付けてくれたので、本日もヘラのアタリの合間に「せっせと」ザリガニを釣りました。

ザリガニは9月の第二週初めくらいから爆発的に釣れ始まりました。ほぼ1カ月たちました。

幸いにヘラの活性が高い日も含まれていて、ザリガニをたくさん釣りながらヘラも大釣りすることができました。

今シーズンは本当に「おかしな年」です。過去の実績ではザリガニに嫌気がさして他の釣り堀に鞍替えしていた年もありましたが、今年はどうやらそれをしなくてもいいようです。

釣れたヘラは大型が2枚、6cmほどのミニヘラが2枚、ガリベラが5枚、あとは中型で玉網に入れた時に重たく感ずるボテッとしたヘラが多かったです。

底釣りは3名いましたが宙釣りに変更されたようで残った底釣りは私だけ。

釣果データ2021年10月2日(土)分

白井市の水光園 ヘラ 44 累計6,341枚。釣行96回。66/回。余り5枚。ザリガニ30尾、クチボソ3尾。ザリガニは今シーズン最多。昨日は台風16号の冷たい雨と風。

釣り方 バランスの底釣り、両ダンゴ

釣り時間 630分〜1400分。7時間30分の釣り。5.86/1時間。食い渋りと思いました。風も出たし、嫌になって早上がりしました。

朝の水温 21℃ 水色、ササニゴリ。昨日の台風16号の降雨と低気温のせいでしょうか、水温が下がっていました。

朝の気温 15 午後3時過ぎで28℃。パラソル使用。朝から晴れ。北西の風、午後はやや強く吹きました。暑いです。

釣り座 41 

ウキ 尺半 #10 ムクトップ 

サオ シマノの景仙・桔梗10尺。道糸1号、ハリ、上、オーナー改良スレ糸付3号茶バリ33cm、下、オーナー改良スレ糸付金バリ240cm。ハリス0.6号。

エサ (ダンゴの冬100cc+ダンゴの夏100cc+ヘラスイミー100cc+(水150cc+(バラケマッハ100cc2回作りました。

朝一の3時間はとても良く釣れたと思いました。

9時半過ぎからはポツンポツンの釣れ具合。終日この様子。10時から午後2時までの4時間で16枚しか釣れませんでした。

朝の3時間が本日のすべてでした。日中はザリガニの入れアタリ。30尾は今シーズン自己最多。

本日はどうやらある程度の数のヘラを釣ってしまうとその後はヘラのアタリそのものがとても少なくなってしまいます。

ということで、10時過ぎから13尺にしてみました。ポツンポツン、ザリガニとクチボソ。ここにはいないのかも、と疑心暗鬼。仕方なく、9尺にしました。根掛かりはないです。驚いたことに、9尺でザリガニの入れ食い。お隣さんがザリガニ釣り名人と私をひやかして二人で大笑い。隣席が証人なのです。

ヘラを2尾釣って14尺にしました。風が強まりましたがウキを重いウキにして投入して釣りました。

お隣さんは10時から始めて午後2時で10枚でした。私も10時から2時までで16枚しか釣れませんでしたので、二人の釣果は五分五分ということで本日は引き分け。

二人の結論は、本日のような食いのときは、サオの長さを替えながら釣るのが効果的、ということで意見が一致いたしました。

本日はほとんどが宙釣りでした。入口近くで例会のグループ、全員が長ザオの底釣り大会。ポツポツだったようです。反対側に釣場知り合いの人で長ザオの底釣り、ポツポツだったようです。

釣果データ2021929日(水)分

白井市の水光園 ヘラ 137 累計6,297枚。釣行95回。66/回。余り27枚。ザリガニ27尾、クチボソ2尾。100枚以上今シーズン20回目。とてもよく釣れ続きました。

釣り方 バランスの底釣り、両ダンゴ

釣り時間 600分〜1430分。8時間30分の釣り。16.11/1時間1時間平均釣果の数字は今シーズン最高釣果。137枚は1日の釣果としては今シーズン最高釣果。ザリガニの27尾は今シーズン最高釣果

朝の水温 22℃ 水色、ササニゴリ。ちょうど良い水温まで下がっていました。ヘラの適水温です。夏の暑さを過ぎてヘラもきっとほっとしていることでしょう。10月もとても釣りやすい季節だと思います

朝の気温 16 午後3時過ぎで25℃。パラソル使用。朝から晴れ、正午前に曇り、午後晴れ。北東の風、のち南東の風がやや強く吹きました。

釣り座 61 一昨日座った席ですが、二匹目のドジョウがいるかどうかと座ってみましたが、大当たり。荒食いしたと思います。

ウキ 尺半 #10 ムクトップ 

サオ シマノの景仙・桔梗10尺。道糸1号、ハリ、上、オーナー改良スレ糸付3号茶バリ33cm、下、オーナー改良スレ糸付金バリ240cm。ハリス0.6号。10尺ザオで釣れ続きました。

エサ (ダンゴの冬100cc+ダンゴの夏100cc+ヘラスイミー100cc+(水150cc+(バラケマッハ100cc2回作りました。エサのタッチは前回と同じようですが、違った点は、手水をもう一回足して3回にして、10回ほど練ったことです。こうすると芯残りするエサではありませんが、エサ落ち目盛りが出てからのチクッがたくさん取れました。アタリは全体にやや小さいと思いました

本日は、体調がいいのでしょうか、気分爽快で、身体が軽く感じます。

本日はエサ切れで納竿。3回目のエサを作ると4時まで釣ってしまいそうでしたので、それではいかにも「やり過ぎ」と思って納竿しました。

釣れたヘラは大型が数枚、ガリベラが数枚、小型が5枚ほど、残りは中型で、玉網に入れた時にずっしりと重たいヘラが多かったです。

これから10月の釣りが楽しみになります。

見渡すと底釣りは3名ほど、残りは宙釣り。どちらの人も釣れていたように思えました。

釣果データ2021927日(月)分

白井市の水光園 ヘラ 120 累計6,160枚。釣行94回。65/回。余り50枚。ザリガニ10尾。100枚以上今シーズン19回目。よく釣れ続いたと感じました

釣り方 バランスの底釣り、両ダンゴ

釣り時間 630分〜1430分。8時間00分の釣り。15/1時間8時間で納竿。1時間平均釣果の数字を取りたかったのでエサは余りましたが1430分で思い切って納竿しました。1時間平均今シーズン最高釣果

朝の水温 22 水色、ササニゴリ。ちょうど良い水温まで下がっていました。

朝の気温 17 午後3時過ぎで25℃。朝5時〜5時半までは雨、のち曇り、9時過ぎから晴れ、パラソル使用、正午前からどんよりと薄暗くなるような曇り、2時前から晴れ。北東の風やや強く吹きました。午前中涼しく、午後残暑。

釣り座 61 

ウキ 尺半 #10 ムクトップ 

サオ シマノの景仙・桔梗10尺。道糸1号、ハリ、上、オーナー改良スレ糸付3号茶バリ33cm、下、オーナー改良スレ糸付金バリ240cm。ハリス0.6号。10尺ザオで釣れ続きました

エサ (ダンゴの冬100cc+ダンゴの夏100cc+ヘラスイミー100cc+(水150cc+(バラケマッハ100cc2回作りました。納竿時点であと1時間分ほどエサが余りました。本日の食いアタリがとても効率的だったため

朝一が雨でした。止んだので支度をして6時半スタートでした。

1尾目がザリガニでしたが、仕方ないかと無視してエサ打ちを続行していたら、ヘラがたくさん寄って来たようで、ウキがズンズンと沈みます。空振りも多いのですが、それでも3回に1回はハリ掛かりします。

エサはいろいろと手直しして試しましたが、結局、小分けした元エサに手水を2回足して、それを拳骨で裏表と押して、さらに4回ほど軽く練りました。コツは練りすぎない事でした。やや硬めの芯残りする、それでいて柔らかい感じのエサが良かったです。終日、手直しした釣れているときのタッチを忘れないように心掛けて、小分けしたエサを手直ししました。

ウキが上がったり下がったりしながら、その合間に、ドン、カチン、消し込みなどのアタリがたくさん出ました。

30秒後ほどでエサ落ち目盛りが出てからのチクッもよく合わせられたと自負しています。

本日はヘラの活性がとても高かったと感じました。ザリガニアタリも終日出ていたと思っていますが、ヘラの寄りが多いようで、ザリガニを圧倒していたと思いました。

釣れたヘラは40cm超は2枚だけで、小型はなし、ガリベラは数枚だけ、あとは玉網に入れた時に「ずっしりと重い」ヘラばかりでした。本日は釣れるヘラにも当ったと思いました。

他の釣り人は底と宙とまちまちでしたが、底の人はどの人もザリガニが釣れていたようでした。

釣果データ2021年9月24日(金)分

白井市の水光園 ヘラ 67 累計6,040枚。釣行93回。64/回。余り88枚。ザリガニ15尾。クチボソ4尾。ヘラの寄りが少ないと思いました。

釣り方 バランスの底釣り、両ダンゴ

釣り時間 630分〜1430分。8時間00分の釣り。8.375/1時間。エサは少しだけ残りました。8時間で納竿。

朝の水温 24℃ 水色、ササニゴリ。

朝の気温 20 午後3時過ぎで30℃。晴れ。北東の風のち午後南風。パラソル使用。午前中涼しく、午後残暑。

釣り座 85 

ウキ かちどき #11 ムクトップ 

サオ シマノの刀春10尺、11尺、14尺、16尺。道糸1号、ハリ、上、オーナー改良スレ糸付3号茶バリ33cm、下、オーナー改良スレ糸付金バリ240cm。ハリス0.6号。ある程度の枚数、例えば、512枚程度が釣れるとヘラのアタリが極端になくなって、次の食いアタリが出るまですごく時間が消費されました。そこで、サオの長さを替えて釣れるところまで釣ってまた替えるという釣り方をしました。11時〜12時半頃までの16尺が一番よく釣れました。入れ食いタイムが少しありました。ということで釣果が67枚になったわけです。

エサ (ダンゴの冬100cc+ダンゴの夏100cc+ヘラスイミー100cc+(水150cc+(バラケマッハ100cc2回作りました。

朝一の池の様子では「今日はいいかも」という感じでしたが、良かったのは釣り始めの12枚まで、あとはクチボソとザリガニ交じりでポッツンポッツンの釣り。私の気持ちもプッツンしました。

そこでサオを替えてみました。するとまた10枚程度まで良く釣れるのです。

本日はそんなことの繰り返し。本来は、最初に出したサオでヘラが寄るのを待ってアタリをとる、というのがセオリーだと思うのですが、そこはそれで、我流というのでしょうか、すぐにサオを取り替えてしまうのです。

長年の経験で、じっと、辛抱して待っていて、という釣りで私の場合は、本日の場合の釣果は一日で○○枚くらい、と見当がついてしまうのです。予想が大きく外れることはないのです。

そんなこんなで、本日のような場合は、サオを取り替えながら、そのエリアで釣れるヘラを釣る、という釣りにしたのです。

この方法は釣り人によって対処方法は違うと思います。

ヘラの回遊が活発であれば、サオを取り替えるだなんて、こんなめんどくさい方法はとりません。

私の右に長ザオの底釣りが一人、サオを替えながらポツポツポツと釣れていました。声を掛けました。

対岸は宙釣り。釣れていたと思いました。入口と中央の池はみなさん宙釣りでした。

ザリガニとクチボソが多いです。

 

釣果データ2021921日(火)分

白井市の水光園 ヘラ 81 累計5,973枚。釣行92回。64/回。余り85枚。ザリガニ22尾。クチボソ1尾。ザリガニは今シーズン私としての最多

釣り方 バランスの底釣り、両ダンゴ

釣り時間 630分〜1430分。8時間00分の釣り。10.125/1時間。エサは少しだけ残りました。8時間で納竿。

朝の水温 23℃ 水色、ササニゴリ。

朝の気温 18 午後3時過ぎで26℃。晴れ。北東の風。パラソル使用。涼しかったです。

釣り座 102 

ウキ かちどき #12 ムクトップ どうゆうわけか、今年はヘラの上ズリが多いと感じますので、オモリがたくさんついているウキを使用しました。

サオ シマノの刀春13尺→16尺。道糸1号、ハリ、上、オーナー改良スレ糸付3号茶バリ33cm、下、オーナー改良スレ糸付金バリ240cm。ハリス0.6号。

エサ (ダンゴの冬100cc+ダンゴの夏100cc+ヘラスイミー100cc+(水150cc+(バラケマッハ100cc2回作りました。エサを少しだけ余らせて納竿。8時間の釣り。

ザリガニを釣果に加えれば100枚はいきました。サオの長さを替えてもザリガニの攻撃は同じように激しかったです。

朝からザリガニのアタリ多数。ヘラも上ズリ加減なのでオモリのかなり重いウキを使用。

昨日はザリガニが1尾も釣れなかったとの情報で、喜び勇んで投入。ところが本日はザリガニとクチボソの猛攻。先週と違ってヘラの寄りが少し少ないです。ヘラの数が優勢だと感ずる時間帯が少ないです。25枚ほど釣るとヘラがいなくなったのでは、と感ずる一日でした。

このような日もあるわけで、大釣りが続けられるのもなかなかありません。幸に今年はザリガニの数が昨年までよりも夏場にとても少なかったので、釣果もまずまずの数でした。大釣り出来なくても、5080枚が釣れることが多くて、その点ではいい思いをしてきたと思います。しかしながら、ググッと釣れ続いて時速1520枚の食いアタリというのが、実現できそうで、できなくて、そんなこんなで、心の中がもやもやしていて、100枚という釣果がなかなか実現できません。

これは、通っていれば、いつかは、チャンスがあるわけで、それを楽しみに通っているわけです。

本日は対岸に3人のグループ、全員が長ザオの底釣り、両ダンゴ、私と同様によく釣れていたと思いました。この人たちもザリガニの入れ食い。

私の右に短ザオの宙釣り、よく釣れていたと思いました。

私のエサは、元エサのママの場合と、数回手指で押したものの2種類で終日釣りができました。水分を足すとナジミが出にくくなりました。

釣果データ2021年9月17日(金)分

白井市の水光園 ヘラ 125 累計5,892枚。釣行91回。64/回。余り68枚。100枚以上今シーズン18回目。ザリガニ15尾。クチボソ4尾。荒食いしました。私にとって「突然の」荒食いでした

釣り方 バランスの底釣り、両ダンゴ

釣り時間 600分〜1430分。8時間30分の釣り。14.7/1時間。エサ切れで納竿。

朝の水温 23℃ 水色、ササニゴリ。

朝の気温 19 午後3時過ぎで24℃。曇り、南東の風。雨は降りませんでした。

釣り座 86 

ウキ 歌麿 #10 ムクトップ 

サオ シマノの景仙・桔梗10。道糸1号、ハリ、上、オーナー改良スレ糸付3号茶バリ33cm、下、オーナー改良スレ糸付金バリ240cm。ハリス0.6号。

エサ (ダンゴの冬100cc+ダンゴの夏100cc+ヘラスイミー100cc+(水150cc+(バラケマッハ100cc2回作りました。エサ切れで納竿しました。追加でエサを作るともうじき雨が降って来るかと思って止めたのです。

本日は思いがけなく「荒食い」しました。終日、釣れ続きました。

荒食いになった原因がさっぱり分からないのです。荒食いする、そのような兆候がここ1週間であったかといえば、あったような、なかったような、ということで、私自身、驚いています

しかしながら、ヘラの食いが、良ければ、良いなりに、必死になって釣り上げてしまう、という「経験だけは」長年の間に身につけてきたと思っていますので、本日は、その経験が活きました

荒食いの原因が不明でも、目の前で、カチンカチンとウキが動いているので、目と手と腕だけはピッピッと動くのです。

本日は、ザリガニが15尾とクチボソが4尾ということで、外道のアタリも多かったのですが、それ以上に、「ヘラの寄り」が凄まじかったと思いました。

本日は外道がいても、ヘラの数が外道を圧倒していたと思いました

管理釣り場で釣りをしていてヘラの食いアタリが少ないということはストレスになります。

本日はストレス解消になった一日でした。

このような荒食いは次の釣行で再現できるかどうかと疑問に思っています。

今夜から台風で雨もたくさん降るようなので、それを察知したヘラが荒食いしたのでしょうか。

次回に期待ですが、来週はどういう釣りになるのでしょうか。本日のようなことがあるので、ヘラ釣りは止められないのです。

釣果データ2021915日(水)分

白井市の水光園 ヘラ 76 累計5,767枚。釣行90回。64/回。余り7枚。ザリガニ12尾。

釣り方 バランスの底釣り、両ダンゴ

釣り時間 600分〜1430分。8時間30分の釣り。8.94/1時間

朝の水温 23.5℃ 水色、ササニゴリ。

朝の気温 19 午後3時過ぎで29℃。朝は曇り、昼前から晴れ。北東の風のち南の風。パラソル使用。暑くなりました。

釣り座 123 

ウキ 尺半 #11 ムクトップ クチボソとザリガニが相変わらずうるさいです。

サオ シマノの刀春16尺、14尺、10尺、9。道糸1号、ハリ、上、オーナー改良スレ糸付3号茶バリ33cm、下、オーナー改良スレ糸付金バリ240cm。ハリス0.6号。

エサ (ダンゴの冬100cc+ダンゴの夏100cc+ヘラスイミー100cc+(水150cc+(バラケマッハ100cc2回作りました。

宿が一生懸命に底浚いをしてくれたエリアの右端近く。サオの長さを替えながら、底の深さと釣れ具合を試し釣り

この釣り座は全体にかなり浅いです。もっと左の116118番辺りならばもう少し深いと思いましたが、中央の池から奥の池の方が深いと思いました。

魚影は中央から奥にかけての池の方が濃いように感じました

ともかく、本日もザリガニの相手をしながらのヘラ釣り。クチボソもいるのでしょうが釣れてきませんでした。

5cmほどのミニヘラが2枚釣れました。釣った時はクチボソだと思ったのです。手の平の中に入れたら、これがなんとヘラでした。寸法がクチボソ並み。

このミニヘラはエサ落ち目盛りが出てからのアタリで釣れたのです。こいつのせいで、空ツンがかなり多いと思いました。

とはいっても、愚痴を言っていても仕方ないので釣りを続行、エサ打ちを一生懸命にやりました。いつもの通りで、ヘラは46枚釣れるとヘラのアタリがちょっと途切れます。終日その繰り返し。釣れ続くということがありませんでした。

このところ、入れ食いタイム(時速1520枚のハイペース)がないので、100枚に届くチャンスがありません。

これも自然環境の一つの中での釣りなので、そのうちにチャンスがあるのだろうと思って釣りをしています。

本日は釣り人が少なくて全員を見渡すことができました。底釣りは二人、あとは宙釣り。皆さんポツポツとよく釣れていたと思いました。

10時過ぎに来た釣り場知り合いのお年寄りが、今日は釣れた釣れたと喜んでおられました。私の左におられましたので、その方の釣れ具合は私が証人になってもいいです

釣果データ2021年9月13日(月)分

白井市の水光園 ヘラ 70 累計5,691枚。釣行89回。63/回。余り84枚。ザリガニ21尾。ザリガニは今シーズン最多釣果でした。

釣り方 バランスの底釣り、両ダンゴ

釣り時間 630分〜1500分。8時間30分の釣り。8.23/1時間

朝の水温 23.5℃ 水色、ササニゴリ。

朝の気温 21 午後3時半過ぎで29℃。朝は曇り、昼前から晴れ。北東の風のち南東の風。パラソル使用。

釣り座 31 朝一で何人かがザワザワと来たのでこの釣り座を選びました。ただし、後になって、すぐ右のロープ越しに宙釣りが二人座りました。これだけが誤算でした。

ウキ 尺半 #11#9 ムクトップ 本日は食い渋りで、#9のウキでナジミがよく取れました。ヘラの寄り具合が少し弱かった感じでした。宿の人が、今日は食い渋りでしょ、とおっしゃっていましたが、ポツポツ釣れてます、と返事しました。実際にそうでした。

サオ シマノの刀春16尺。道糸1号、ハリ、上、オーナー改良スレ糸付3号茶バリ33cm、下、オーナー改良スレ糸付金バリ240cm。ハリス0.6号。

エサ (ダンゴの冬100cc+ダンゴの夏100cc+ヘラスイミー100cc+(水150cc+(バラケマッハ100cc2回作りました。

人が朝一で多かったので、入口の池は一応敬遠致しました。雨の日にでも座ろうかと思いました。

31番は朝一でとても良くヒットして10枚までは気持ちよく釣りました。そのあとが、ザリガニアタリのオンパレードになりました。

結局、釣ってしまいますとヘラの数が少なくなって、その後はザリガニがとてもよく食って、しかも、釣れるのです。

仕方ないので、空振りをしながらエサ打ちを続行いたしました。しばらくするとヘラの食いアタリがカチンカチンと出ます。46枚釣れてまたまたザリガニアタリ。

ということで、本日は終日このような釣りになってしまいました。

ウキは#11で始めましたが、ヘラを10枚釣って#9にしました。オモリの量がかなり少ないです。なのに、ウキはしっかりとナジミが出ます。これはクチボソが少ないことと、ヘラの寄りが少ないためにそうなるのだと思いました。

エサはやや大きめに付けて積極的に振り込んで、ウキの下にエサを溜めるように心掛けました。

本日はザリガニとのやり取りで一日過ぎてしまいました。

上りベラを釣って納竿と思っていたら、ラストは真赤な大きなザリガニでした。ザリガニ21尾は私としては今シーズン最多記録になりました。

クチボソは1尾も釣れてきませんでした。

私の右に宙釣りが二人、ポツポツポツと釣れていたと思いました。釣れるペースとしては宙釣りの方がいいペースだと思いました。短ザオの宙釣りが二人右手に入りましたので、終日、16尺の長いサオで釣りをいたしました。

それでも、ヘラの寄りがもう少し多いといいな、と感じた一日でした。
釣果データ2021年9月10日(金)分

白井市の水光園 ヘラ 73 累計5,621枚。釣行88回。63/回。余り77枚。ザリガニ12尾、クチボソ9尾。エサ切れ直前に入れ食いになったのでエサを作って時間延長してしまいました

釣り方 バランスの底釣り、両ダンゴ

釣り時間 615分〜1500分。8時間45分の釣り。8.34/1時間

朝の水温 23℃ 水色、ササニゴリ。高くなりました。

朝の気温 21 午後3時半過ぎで29℃。朝は曇り、昼前から晴れ。南東の風。パラソル使用。

釣り座 94 入口の池に座れないので本日も離れた席にしました。

ウキ 尺半 #11 ムクトップ オモリが一番多いカヤウキを使いました。

サオ シマノの景仙14尺→13尺→16尺。道糸1号、ハリ、上、オーナー改良スレ糸付3号茶バリ33cm、下、オーナー改良スレ糸付金バリ240cm。ハリス0.6号。

エサ (ダンゴの冬100cc+ダンゴの夏100cc+ヘラスイミー100cc+(水150cc+(バラケマッハ100cc2回分作り、3回目を半分の量だけ作って時間延長して釣りました。

本日は前回と違ってザリガニとクチボソの大当たり

対岸に5人グループで宙釣り。その他宙釣りが数名。ということで、ヘラを対岸に取られないようにと一生懸命にエサ打ちをしました。ある程度はひきとめたと思いましたが、多勢に無勢でしょう。

といっても、エサを大きくつけてエサ打ちをしましたので、エサの消費量は多かったです。ヘラもクチボソもザリガニも、ともかくいろいろと寄ったと思いました

14尺と13尺はロープ際でエアーを入れている関係で、どうしても、ウキがエアーポンプの圧力で押されて釣り辛くなったので、結局、思い切って16尺にしました。これならば大丈夫で釣りやすかったです。

本日は一生懸命にエサ打ちをして釣りました。これほど手返しよく釣ったのは久しぶりです。

ヘラは間隔を置いて数枚ずつ寄ったと思いました。57枚釣ると少し間が開きます。まあ、仕方ないか、ということです

午後2時過ぎになってエサ切れになりました。ところが、エサ切れ直前から入れ食いになって、さすがに、納竿しづらくなって、3回目のエサを半分だけ作ってしまいました。未練たらしいと自分でも思いましたが、終い際に釣れてしまいますとどうしてもあと40分ほど釣ってみようか、となると思いました。

本日は3回目のエサを半分ほど余らせて午後3時に納竿致しました。

釣場友達が一人釣りに来ていて、ザリガニに悩まされました、といって帰っていきました。その点は私も同様でした。

大釣りは次回に期待です。
釣果データ2021年9月8日(水)分

白井市の水光園 ヘラ 108 累計5,548枚。釣行87回。63/回。余り67枚。100枚以上17回目。ザリガニ10尾、クチボソ4尾。ラッキーな一日でした。ザリガニがしつこいです。

釣り方 バランスの底釣り、両ダンゴ

釣り時間 600分〜1430分。8時間30分の釣り。12.7/1時間。本日は6時から開始できました。エサ切れと雨降りが同時でした。

朝の水温 22℃ 水色、ササニゴリ。また1℃下がっていました。天候が回復すれば週末から上ると思うのですが。

朝の気温 16 午後3時過ぎで22℃。午前中は晴れ時々曇り、午後は曇り、2時半から降雨。パラソル使用。

釣り座 31 入口の池が底浚いだとかで、希望していた釣り座は座れませんでした。ということで、31番に座ったわけですが、これが思いがけなく大当たり

ウキ 尺半 #11 ムクトップ オモリが一番多いカヤウキを使いました。

サオ シマノの景仙14尺。道糸1号、ハリ、上、オーナー改良スレ糸付3号茶バリ33cm、下、オーナー改良スレ糸付金バリ240cm。ハリス0.6号。

エサ (ダンゴの冬100cc+ダンゴの夏100cc+ヘラスイミー100cc+(水150cc+(バラケマッハ100cc2回作りました。エサ切れで納竿。

本日は入口の池の底浚いとかで、希望の席はすわれませんでした。そこで、仕方なく、31番に座りました。

14尺を出しました。オモリの多いウキを使用。前回の教訓から、本日は朝一から前回のタックルで釣りました。

エサは元エサのママで小分けして拳骨で5回ほど軽く押しました。ハリに付けるのに摘まむときに指を濡れタオルに触れさせて湿り気を少しだけ付けて、それで丸めて付けました。本日のエサ付けはこのやり方で終日OKでした。こんな珍しい日もあるのです。手水を足しますとナジミが浅くなって不調でした。

食いアタリは本日は@食い上げAドンと入るアタリBエサ落ち目盛りが出てからのモゾッ、チクッのアタリを待って釣りました。本日はBのアタリがたくさん出せました。Bのアタリではザリガニも結構釣れてきました。

大型は数枚だけ、あとは2530cm位の型が主体でした。数がたくさん釣れる時は大型の比率はとても低いです。6cmほどのミニヘラが2枚釣れました。空ツンの犯人です。クチボソと見間違えてしまいました。

私の左に10席ほど空けて宙釣りの人、対岸は底釣りが二人、宙釣りが4人という一日でした。

本日はみなさんどなたも釣れていたように見受けました。

私は朝一は10尺ではじめましたがウキの動きが気に入らなくて1枚だけ釣って30分で中止しました。早くタックルを交換して大正解だったと思います。

対岸の底釣りの人は短ザオで根掛かりしながら釣っていました。サオをもう少し長くすればいいのに、と私は思って見ていました。

釣果データ2021年9月6日(月)分

白井市の水光園 ヘラ 68 累計5,440枚。釣行86回。63/回。余り22枚。ザリガニ7尾、クチボソ7尾。

釣り方 バランスの底釣り、両ダンゴ

釣り時間 630分〜1515分。8時間45分の釣り。7.77/1時間2時過ぎから40cm超の大型が続けて釣れてきましたので、納竿しにくくなって315分過ぎまで釣ってしまいました。終わりよければすべてよし、の格言通りになりました。気分よく納竿

朝の水温 23 水色、ササニゴリ。水温はこの所ずっと下がりっぱなしです。ヘラが変調していると感じています。8月後半から涼し過ぎますし、水温の低下が著しいです。

朝の気温 19 午後3時半過ぎで20℃。雨が降ったりやんだり、北東の風。

釣り座 89 パラソル使用。パラソルの設営に手間取ってしまって正味の釣り時間はもっと少ないです。

ウキ 尺半 #10#11 ムクトップ オモリが一番多いカヤウキを使いました。水温が上がってくるまで仕方ないと思っています。東京には低温注意報がでています。過去にこんな寒いことはありませんでした。普通ならば運動会シーズンです。寒すぎます。

サオ シマノの景仙・桔梗10尺→14。道糸1号、ハリ、上、オーナー改良スレ糸付3号茶バリ33cm、下、オーナー改良スレ糸付金バリ240cm。ハリス0.6号。

エサ (ダンゴの冬100cc+ダンゴの夏100cc+ヘラスイミー100cc+(水150cc+(バラケマッハ100cc2回作りました。

水温がとても低くなっていて、底にいるヘラが少なく感じます。ウキがナジムとヘラの食いアタリがとても少なくなって、ザリガニとクチボソが釣れます。ヘラを底へ集めるのが大変でした。

朝一は10尺ではじめましたが、20枚釣って中止。ウキのナジミが浅いです。

そこで14尺を出しました。ウキは#11にしました。このウキは#10のウキの2.5倍は重いオモリを背負っています。

エサは元エサのママで、5回ほど軽く押したもの。水分補給とか練ったりはしませんでした。崩れないように〆てしまうと空ツンばかりになるので、手加減が難しいと思いました。

ともかくオモリが多いのでナジミが早いです。このウキはトップもやや太くなっています。食い上げアタリとドンと入るアタリだけを待ちました。

午後2時過ぎになってから40cm超の大型が入れ食い状態になりました。大型が寄ってきたようです。気持ちよくなって315分過ぎまで釣ってしまいました。

本日の型は、大型が11枚、1023cmの小型(ミニ含む)が15枚ほど(玉網不要の小型です)、あとは3038cmほどの型でした。

本日はどちらかというと朝一から小型ばかりで、玉網いらず、の小型が多いと思いました。

午後になってから大型と中型が寄ったと感じています。

長ザオでアワセと取り込みが面白かったです。

私の左に10席ほど空けて釣り場友達が座っていて、11尺でよく釣れていたと思いました。私よりも早く上がって40枚ほどは釣れていたと思いました。

 

釣果データ2021年9月4日(土)分

白井市の水光園 ヘラ 74 累計5,372枚。釣行85回。63/回。余り17枚。ザリガニ5尾、クチボソ8尾。

釣り方 バランスの底釣り、両ダンゴ

釣り時間 620分〜1450分。8時間30分の釣り。8.70/1時間

朝の水温 24 水色、ササニゴリ。

朝の気温 19 午後3時半で22℃。雨が降ったりやんだり、北東の風。涼し過ぎるくらいでした。

釣り座 90 パラソル使用。

ウキ 尺半 #10 ムクトップ 

サオ シマノの景仙・桔梗9尺。道糸1号、ハリ、上、オーナー改良スレ糸付3号茶バリ33cm、下、オーナー改良スレ糸付金バリ240cm。ハリス0.6号。

エサ @(ダンゴの冬100cc+ダンゴの夏100cc+ヘラスイミー100cc+(水150cc+(バラケマッハ100cc1回作りました。A(ダンゴの夏300cc+(水150cc+(バラケマッハ100cc1回作りました。エサ切れで納竿しました。@のエサは途中でやめて捨ててしまいました。

本日はナジミが出にくくてとても苦労した一日でした

@のエサで釣り始めました。よくアタリが出たのは始めの3枚まで、あとは、ナジミが出にくいです。

クチボソのアタリが凄いです。

サオの長さを替え、エサのタッチを替え、いろいろとやってみました。替えたときは13枚は釣れるのです。

結局、26枚まで釣って、私の気持ちがプッツンしました。

そこで、Aのエサを作りました。このエサの使い方の特徴は「練らないこと」です。元エサのママ小分けしたものを拳骨でちょっとだけ押して、それでお終い

やや大きくつけて使いました。エサの変更と同時に、ウキも替えました。番手は#10でこれまでと同番のウキですが、オモリ負荷が凄いです。これまで使っていたものよりも3倍近くオモリがついています

つまり、水面近くのクチボソを無視して脱兎のごとく仕掛けを沈める、クチボソの食い上げを抑制する、という二つの効果を狙いました。

仕掛けが重いので、数釣りはいままでのようにはいかないと思いましたが、ともかく、やってみました。

さすがによくナジミます。ウキの上下動があります。その動きの中でともかくどのアタリがヘラの食いアタリなのか、今までのウキのようにツンツンとはいかないのです。ウキの動きがドロンドロンとしています。でも、それでいいかっ、ということで釣っていたら、いきなり、ドンと沈むアタリ。25cmのヘラ。小さいです。10cm程度のミニヘラも釣れました。これでは空ツンが出ても仕方ないです。

Aのエサは、ここ何年かは使ったことがありませんでした。このエサは練ったら空ツンばかりになってしまいます。そこで練らないで大きめに付けて重いオモリでズンズンと沈めたわけです。

あとはヘラが寄って来るのを待つだけです。ヘラさえ寄れば入れ食いになります

釣場友達のHさんが、鈴木さん、何やってんの、凄いペースで釣れてますよね、と顔を出してくれました。私のとこは午後は全然だめ、とおっしゃいます。遅れて釣りに来て私の左に8席ほど空けてロープ際で底釣りをしていたのです。

私の釣りの変更後に、11時前から午後1時過ぎまでのおよそ2時間ちょっとで、37枚を釣ったのです。これは、自称ランチタイムの入れ食いと、いってよく、とてもよく釣れました。エサとウキを取り替えただけなのに、こんなにも食いが良い時間ができるなんてとてもラッキーでした。

サオは14尺で始めて3枚釣れて中止、9尺に替えて9枚釣れて、13尺に変更、4枚釣って中止、またまた9尺に戻しました。なんとかかんとか、26枚まで釣ったのですが、ウキのナジミがとても気に入らず、思い切ってAのエサを作ったわけです。上にクチボソが多いので、オモリのとても多いウキに変更したのです。何年ぶりかのAのエサです。

この変更が成功しました。いつもいつもこれでいいかというと、そうはいかないと思うのですが、すくなくも、本日は、釣り場友達のHさんが、わざわざ、私のタックルとエサの確認に見えたほどの入れ食いタイムがあったわけです。

本日はエサが粘ってしまったら空ツン、エサを固くして付けても空ツン、いずれも、クチボソの引っ張りが激しいです。

結局のところ、ややボソタッチで大きくつけた粘りの少ないエサが良かったのでした。そのかわり、ウキは大きくして、オモリを重くして、というタックルで、エサの粘りの少なさをカバーできたと思いました。

本日は釣れ続いた時間帯はヘラの寄りが間に合わなくて、ヘラの食いアタリが途切れた時間帯が出きてしまいました。残念でした。

釣れ始まるとトントントンと釣れました

私の左は底釣りが一人とその奥に宙釣りが一人。私の対岸に浅棚の宙釣りで終日良く釣れていたと思いました。私の右の人たちは4人並んでいましたが釣り方などよくみえませんでした。入口の方に私の釣り場友達のOさんがいて、私が上る時に40枚超だとおっしゃっていました。本日の食い渋りの中でとてもよく釣ったと思い感心いたしました。ザリガニとクチボソは私よりも多く釣れていたようでした。

私はエサ切れで納竿。

釣果データ2021年9月2日(木)分

白井市の水光園 ヘラ 73 累計5,298枚。釣行84回。63/回。余り6枚。ザリガニ1尾、クチボソ4尾。

釣り方 バランスの底釣り、両ダンゴ

釣り時間 615分〜1445分。8時間30分の釣り。8.58/1時間

朝の水温 26℃ 水色、澄み。水面から湯気が終日立っていました。

朝の気温 18 午後315分で20℃。終日雨、北寄りの風。涼し過ぎるくらいでした。

釣り座 72 この席は屋根がついています。テント要らず、パラソル要らず。

ウキ 尺半 #10 ムクトップ 

サオ シマノの景仙・桔梗8。道糸1号、ハリ、上、オーナー改良スレ糸付3号茶バリ33cm、下、オーナー改良スレ糸付金バリ240cm。ハリス0.6号。

エサ (ダンゴの冬100cc+ダンゴの夏100cc+ヘラスイミー100cc+(水150cc+(バラケマッハ100cc2回作りました。本日のエサはたくさん余りました。

本日は寒いです。水温が一昨日よりも3℃も低いです。

久しぶりに8尺サオで始めました。幸にウキは動きっぱなしで、飽きることはありませんでした。

型は40cm超は2枚だけ、あとは中型。10cmほどのミニヘラが2枚、20cm弱のヘラが2枚、これらはとてもよく空ツンを出した犯人だと思いました。

ザリガニはとても大きくて真赤でした。

ボソタッチのエサですと本日は空ツンとクチボソアタリでヘラは少なかったです。

そこで、エサを手直しして、試行錯誤して、結局のところ、元エサに手水を加えながら、2030回ほどしっかりと練ったものが良かったです

このエサは、つつかれても崩れにくくて、しかも、柔らかいので、ヘラやクチボソの吸い込みが良かったと思いました。

ウキの戻りが早いかな、と思ったときは元エサを少し足してさらにしっかりと練って粘度調節をいたしました。

エサ付けは普段よりは少しばかり大きめに付けて振り込みました。

後から来た人で私の右に3席空けて底釣りが一人、11尺でポツポツで、私が上る時に20枚超、ザリガニ1尾だと言っていました。

釣果データ2021年8月31日(火)分

白井市の水光園 ヘラ 82 累計5,225枚。釣行83回。62/回。余り79枚。クチボソ1尾。

釣り方 バランスの底釣り、両ダンゴ

釣り時間 615分〜1415分。8時間00分の釣り。10.25/1時間

朝の水温 29℃ 水色、澄み。

朝の気温 24 午後2時半で31℃。曇り、午後2時に遠雷、釣り中止。パラソル使用。2時半過ぎから雨。

釣り座 95 

ウキ 尺半 #10 ムクトップ 

サオ シマノの景仙13尺。道糸1号、ハリ、上、オーナー改良スレ糸付3号茶バリ33cm、下、オーナー改良スレ糸付金バリ240cm。ハリス0.6号。

エサ (ダンゴの冬100cc+ダンゴの夏100cc+ヘラスイミー100cc+(水150cc+(バラケマッハ100cc2回作りました。納竿とエサ切れが同時でした。遠雷が聞こえたため追加のエサを作らずに中止しました。正解。

前回の隣席。

とてもよくヘラが寄ったと感じています。クチボソアタリはありますが1尾しか釣れませんでした。

エサはボソタッチでは空ツンとクチボソの引っ張りが激しいです。そこで手水を少し足して20回ほどしっかりと練りました。軟らかすぎると思ったときは元エサを少し足してさらに練りました。ともかくクチボソにつつかれてもなかなか崩れないエサにしたのです。本日はこのようなタッチのエサが良かったようで終日ポツポツポツポツと釣れ続きました。

ダブルが2回ありましたが、入れ食い時間帯はなかったです。終日811枚程度のペース。

釣場知り合いのお年寄りが10時過ぎに見えて、本日は釣れすぎちゃって面白くない、とかおっしゃって、私の隣に来てロープ際で底釣りをしていきました。

結局、その方は一日に10枚釣ればOKだとかで、本日は上機嫌で帰っていきました。

私とどこかで「ウマが合う」らしくて、釣り場で合うと談笑するようになりました。

私の釣れた型は交り、40cm超は2枚だけ、25cm程度の小型が多数、ガリベラもいました。35cm前後の中型が結構たくさん混じりました。

私の右に7席ほど空けて底釣りが一人、その右に宙釣りが一人と底釣りが一人。宿の人が長ザオで釣っていましたが、どの程度釣れたかは見えませんでした。

雷さえ来なければ1