2018年 シニアの突撃ヘラ釣り

釣果データ 2018年1月19日(金)分
白井市の水光園 ヘラ 33枚 累計320枚。釣行9回。35枚/回、余り5枚。食いアタリは小さいものが多いです
釣り時間 7時00分〜14時30分まで7時間30分の釣り。4.4枚/1時間。9時までに2枚だけでしたから31枚は5時間半で釣ったことになります。5.63枚/1時間です。
朝の水温 4.5℃。水温が低いので水が締まった感じがします。この冬の池の水温はいまが最低の時期だと思います。1月末には地熱が高くなって水温が6℃ほどになると思っています。例年のデータはそうなっています。水温が上がり始めるので楽しみです。自然の営みはもう春だと言っています。
朝の気温 3℃、日中10℃。曇り時々晴れ。朝は、無風状態。午後になってから北東の風が強まりました。テント使用。防寒服着用。来週は気温が低い日があるでしょうが2月になればもう春です。早春です。
釣り座 31番 
ウキ 尺半 #8
サオ 10尺。シマノの剛舟10尺。道糸1号。ハリ 上、オーナー関東スレ糸付5号金バリ33p、下、オーナー関東スレ糸付金バリ3号40p。ハリス0.6号。
エサ (ダンゴの冬100cc+α21 20cc)+(水130cc)+(20秒でバラケマッハ100cc)1回作りました。水温が低いので手水を足して練って使いました。力玉は反応しませんでした。よく分かりません。
水温のわりには良く釣ったと感じました
食いアタリが出るまでの待ち時間が長いので朝作ったエサが午後2時半までありました。エサ切れで上りました。
食いアタリはドンと入るもの、チクッとかすかにあたるもの、食い上げ、ズルズルッと引き込むもの、ウキがかすかに震えたようなもの、など様々でした。ドン、チクッは嬉しいです。
ともかく小さな動きを積極的にアワセました。なぜかというとこれを見逃しますとその後にウキが上がってきてアタリが出なかったからです。
私の右に長ザオの宙釣り、ポツポツ、その右に長ザオの底釣り、私の左に長ザオの段底釣りと長ザオの宙釣りが二人、短サオの人が宙で一人という具合でした。
私は1キロ超の新ベラが1枚釣れました。あとは全部良型の旧ベラ。宿の人の話では昨日あたりから旧ベラがようやく釣れ始めたとのこと。
釣果データ 2018年1月17日(水)分
柏市の逆井へら鮒センター ヘラ 51枚 累計287枚。釣行8回。35枚/回、余り7枚。基本的には食いは渋かったと思いました。
釣り時間 7時00分〜15時00分まで8時間00分の釣り。6.375枚/1時間
朝の水温 7.5℃。気温と水温が高いのでヘラが少し上にいたように思いました
朝の気温 4℃、日中10℃。曇りのち午後から小雨。終日、無風状態。予報の風はまったく吹きませんでした。防寒服着用。
釣り座 61番 南西の強風予報でしたので宿で釣り座のアドバイスを受けて決めました。
ウキ 尺半 #8
サオ 10尺→8尺。シマノのかすみ10尺→景仙・桔梗8尺。道糸1号。ハリ 上、オーナー関東スレ糸付5号金バリ33p、下、オーナー関東スレ糸付金バリ3号40p。ハリス0.6号。
エサ (ダンゴの冬100cc+α21 20cc)+(水120cc)+(バラケマッハ100cc)2回作りました。10尺サオで力玉で4枚を釣りました。
釣り座は風を予想しての場所。10尺でまずまず釣れていましたが頭上の枝に2回も引っかけてしまいました。そこで昼からは8尺に替えました。これがよくヒットして手返しよく釣ることができました。
ただし大型は釣れませんでした。常連さんが近くにいて、数を釣る人は大型は釣れないんだよ、と言いました。本日はその言葉通りになりました。
釣果データ 2018年1月15日(月)分
柏市の逆井へら鮒センター ヘラ 32枚 累計236枚。釣行7回。33枚/回、余り5枚。常連さんが食い渋りだと言っていました。
釣り時間 7時00分〜15時00分まで8時間00分の釣り。4枚/1時間
朝の水温 7℃。
朝の気温 −2℃、日中9℃
。曇りのち時々晴れ。朝のうちは無風状態。のち北の風、時々南の風。防寒服着用。
釣り座 56番 
ウキ 尺半 #8
サオ 10尺。シマノのかすみ。道糸1号。ハリ 上、オーナー関東スレ糸付5号金バリ33p、下、オーナー関東スレ糸付金バリ3号40p。ハリス0.6号。
エサ (ダンゴの冬100cc+α21 20cc)+(水120cc)+(バラケマッハ100cc)2回作りました。力玉では不発でようやく1枚を釣りました。
玉網、濡れタオル、ボールに汲んだ手洗いの水などが凍りました。玉網は10時前に釣ったときもも凍りました。朝のうちは寒いと感じました。
いつもの通りで朝一はいいペースで食いアタリが出ました。食い渋りになるかもと思って積極的にキープしました。3枚だけ余裕をもっていましたが、これがなかなか決まりませんでした。午後遅くなるほど食いアタリが少なくなりました。
常連さんはほとんどが10枚に達しないで検量放棄していました。対岸で両ウドンの人がオデコ。10枚を入れたのは4人だけ。私は作戦勝ちで2位でした。5330gでした。いつもなら上位に入れない目方。
釣果データ 2018年1月12日(金)分
白井市の水光園 ヘラ 26枚 累計204枚。釣行6回。34枚/回、余り0枚。水温が4℃なのに自分としては良く釣ったと感じました。新ベラは交りませんでした。
釣り時間 7時00分〜15時00分まで8時間00分の釣り。3.25枚/1時間。
朝の水温 4℃。
朝の気温 −4℃、日中7℃
。晴れ。朝のうちは無風状態。のち北の風、時々北西の風。防寒服着用。テント使用。テントの中は暖かいです。私が水光園に釣行した日としては最低気温でした。
釣り座 19番 
ウキ 尺半 #8
サオ 10尺。シマノの刀春。道糸1号。ハリ 上、オーナー関東スレ糸付5号金バリ33p、下、オーナー関東スレ糸付金バリ3号40p。ハリス0.6号。
エサ (ダンゴの冬100cc+α21 20cc)+(水120cc)+(バラケマッハ100cc)1回作りました。力玉で朝一の5枚を釣りました。日中は不発。
本日は霜柱が凄いです。玉網がカッチカッチに凍りました。
朝一の1時間は釣れず、やむなく両力玉にしました。すると釣れました。いいアタリ。結局、両力玉で3枚、上力玉、下ダンゴのセットで力玉を食ったヘラを2枚の合計5枚を力玉で釣りました。但し、日中は力玉には反応しませんでした。
ダンゴエサはベチャベチャに柔らかく練ってそっと振り込んで釣りました。アタリは小さいです。
水温が4℃ということでまだ下がって3℃近くになるかもしれません。ともかく固いエサでは吸い込みが悪いのではないかと思っています。
右に長ザオの底釣り、両グルテン、左に11尺底釣り両グルテン、その左に長ザオの宙釣り、入口に両グルテンの底釣り、という一日でした。
釣果データ 2018年1月10日(水)分
柏市の逆井へら鮒センター ヘラ 53枚 累計178枚。釣行5回。35枚/回、余り3枚。前回16枚というのは釣り座が原因かもしれませんので離れた場所の釣り座に座ってみました。本日はよく釣れました。1月の釣りとしては満足して上れました。
釣り時間 7時00分〜15時00分まで8時間00分の釣り。6.625枚/1時間
朝の水温 8℃。1℃高くなっていました。
朝の気温 0℃、日中10℃。晴れ。朝のうちは無風状態。のち南西の風の強風。防寒服着用。
釣り座 57番 
ウキ 尺半 #8
サオ 10尺。シマノのかすみ。道糸1号。ハリ 上、オーナー関東スレ糸付5号金バリ33p、下、オーナー関東スレ糸付金バリ3号40p。ハリス0.6号。
エサ (ダンゴの冬100cc+α21 20cc)+(水120cc)+(バラケマッハ100cc)2回作りました。
水温が高くなっていましたので期待しました。30分経過で釣れ始まりました。終日7枚アベのペースでしたが午後になって風が強まって釣りづらくなってペースダウンしました。
ウキのトップが水面から二目ほどしか出ていません。風と流れでシモルからです。ウキを上に2cm程上げて対処しました。
エサはベチャベチャに柔らかくしてあるので風が強い時に強く振り込むとエサがハリから外れて飛んでいきます。そんなこんなで風の様子を見ながら振り込んでトップが徐々に沈むのを見ながら釣りました。水面に出ているトップが水面下へ沈めばアタリと判断してアワセました。
このような釣りもあるわけです。
周囲の人の釣れ具合を拝見していましたが本日は食いしぶりだったのではないでしょうか。
両力玉で9枚を釣りました。効果的に使用できたと感じています。
釣果データ 2018年1月8日(月)成人の日分
柏市の逆井へら鮒センター ヘラ 16枚 累計125枚。釣行4回。31枚/回、余り1枚。食いがとても渋いと思いました。1/5の日とは大違い。
釣り時間 7時00分〜15時00分まで8時間00分の釣り。2枚/1時間
朝の水温 7℃。
朝の気温 3℃、日中8℃
。曇りのち小雨。防寒服着用。無風状態。
釣り座 34番 10尺のウキが立つ場所が高くて、すぐ手前へ低くなっていました。また中央から左へ低くなっていました。釣り辛いと思いました。
ウキ 尺半 #8
サオ 10尺。シマノのかすみ。道糸1号。ハリ 上、オーナー関東スレ糸付5号金バリ33p、下、オーナー関東スレ糸付金バリ3号40p。ハリス0.6号。
エサ (ダンゴの冬100cc+α21 20cc)+(水120cc)+(バラケマッハ100cc)2回作りました。
1時間釣って1枚でした。前回と大違い。周囲を見ると皆さんも同様なようでした。
対岸は10人の例会で全員が宙釣り。私の右に宙釣り。左は12尺の底釣り。
宙の人にヘラを引っ張られてしまったのか、それともどうしてもこの日は食い渋りだったのか。多分両方だったことでしょう。
結局、エサをペチャペチャに練ってエサ持ちよくして、辛抱強く待ちました。
ヘラの回遊がとても少ないです。
本日は祭日でしたが、どんな釣りになるか見学のための試し釣り。不発でした。
なお、14枚釣ったところで8尺のサオを出して手元で釣ってみました。2枚釣れました。
釣果データ 2018年1月5日(金)分
柏市の逆井へら鮒センター ヘラ 70枚 累計109枚。釣行3回。36枚/回、余り1枚。水温7℃、無風状態、周囲に釣り人ナシ、対岸に短ザオ一人、という条件でしたので、ひょっとしていい釣りができると思っていました。逆井へら鮒センターでの1月の釣りとして過去最高釣果でした。気持ちよく上がることができました。
釣り時間 7時00分〜15時30分まで8時間00分の釣り。8.23枚/1時間
朝の水温 7℃。この水温なら釣れてもおかしくないと思いました
朝の気温 0℃、日中6℃。曇り。防寒服着用。水面は無風状態でした。北西の風。
釣り座 60番 頭上の木の枝に2回も引っかかってしまいました。こんなことは気にすることはないのです。準備万端でしたから仕掛けを取り替えるのも早いです。
ウキ 尺半 #8
サオ 10尺。シマノのかすみ。道糸1号。ハリ 上、オーナー関東スレ糸付5号金バリ33p、下、オーナー関東スレ糸付金バリ3号40p。ハリス0.6号。
エサ (ダンゴの冬100cc+α21 20cc)+(水120cc)+(バラケマッハ100cc)2回作りました。
本日は数釣りを最優先して釣りました。釣り座選定もそのためでした。
朝の2時間がいいと思いました。中だるみがあって、午後になって入れ食い時間が1時間ほどありました。入れパクと言う状態でした。
対岸知り合いの常連さんがいて、短ザオで両グルテンの釣り。私の入れ食いを見ていて、入れ食いになっちゃいましたね、とおっしゃいました。また、自分は鈴木さんの3分の1しか釣れてない、とも言いました。これは私の釣りをよく見ていると思いました。対岸ですから見えているのです。
やはり水温が7℃というのは魅力です。池の管理のために消毒薬を撒布するということがない限り、当分は釣れるのだろうと思いました。
この池での1月の釣りとしては最高釣果になりました。宿の人が1月でもそんなに釣れるんですね、とおっしゃいました。中央の場所で長ザオでグルテンの人が49枚釣れたと教えてくれました。その人はかなり上手な人だと思いました。
いずれにしても両ダンゴ、10尺で70枚、両グルテン、長ザオ49枚、いいとこ勝負だと思いました。
釣果データ 2018年1月3日(水)分
白井市の水光園 ヘラ 11枚 累計39枚。釣行2回。19枚/回、余り1枚。本日は水光園さんでの初釣り。
釣り時間 7時00分〜13時00分まで6時間00分の釣り。1.83枚/1時間
朝の水温 4℃。とても低いです。
朝の気温 0℃、日中8℃。晴れ。防寒服着用。北西の強風。ピューピュー凄いです。
釣り座 62番 風に対しての場所選定はハズレでした。入口近くが良かったです。
ウキ 尺半 #8
サオ 10尺。シマノの刀春。道糸1号。ハリ 上、オーナー関東スレ糸付5号金バリ33p、下、オーナー関東スレ糸付金バリ3号40p。ハリス0.6号。
エサ (ダンゴの冬100cc+α21 20cc)+(水120cc)+(バラケマッハ100cc)1回作りました。よく押し練りと、練って手水足して柔らかくして2分ほど待てるエサにして使いました。
水温が4℃しかありませんでした。やむなくエサを柔らかくして2分ほど待てるエサにしました。それで正解だったと思いました。
本日はヘラの動きがとても鈍いです。
対岸に両ウドンの人が二人。1枚と2枚で早上がり。私は11枚。私の左にグルテンとダンゴのセットの人、私が帰るときにようやく1枚釣れて喜んでいました。
本日は例会の人と一般の人でとても人が多かったと思いました。さすがに1月3日だと思いました。
本日の風は入口と真中の池はとてもやりやすかったようです。私がいた奥の池は向かい風で釣り辛くなってしまいました。予想と違ってハズレでした。
アタリは小さいです。待ち時間が長いです。ウキから目を離せませんでした。風と波が強くなってアタリがとれませんでした。
本日はアタマ10枚程度だったと思いました。
水光園さんの水温について
2017.1/1 8℃、41枚、1/6 7℃、53枚ということで、今年の1/3は4℃、11枚でした。ということは昨年よりも水温が3〜4℃も低いということです。これはいずれ水面に氷が張るということが起こりそうです。
いずれにしても2018年1月は2017年12月から引き続いて昨年よりも水温が3〜4℃も低いという実績です。
水光園さんの2017年の1月の水温の実績は2017.1/1 8℃、1/6 7℃、1/13 5℃、1/16 3℃、1/25 4℃、1/28 5℃、1/30 6℃、2/3 5.5℃、2/6 6℃ということでした。
例年のデータですと1月後半になるとようやく池の水の水温が上がり始めています。
問題は2018年1月の水温ですが、昨年よりは3〜4℃も低いです。本日は4℃しかありませんでしたので、これから先どのように低くなるのか恐ろしいです。
いずれにしても水温が4℃とか3℃とかなりますと釣果はとても少なくなります。水面に氷が張るということになるのではないかと気にしています。
釣果データ 2018年1月1日(月)分
柏市の逆井へら鮒センター ヘラ 28枚 累計28枚。釣行1回。28枚/回、余り0枚。本日は初釣り。昨年は水光園さんでした。元日に初釣りをするなんて昨年に続いて2年連続。幸せです。それまでは20年間も1月1日2日3日は釣りができませんでした。
釣り時間 7時00分〜15時00分まで8時間00分の釣り。3.5枚/1時間。
朝の水温 7℃。
朝の気温 0℃、日中10℃。晴れ。防寒服着用。北西の強風。風強いです。
釣り座 28番 考えていたほどにはアタリがでなかったです。
ウキ 尺半 #8
サオ 10尺。シマノのかすみ。道糸1号。ハリ 上、オーナー関東スレ糸付5号金バリ33p、下、オーナー関東スレ糸付金バリ3号40p。ハリス0.6号。食い渋りが激しい時間帯に8尺ザオを出して試し釣りをしました。ときおりこのような調査はします。
エサ (ダンゴの冬100cc+α21 20cc)+(水120cc)+(バラケマッハ100cc)2回作りました。
データ集めのために座りました。季節的にまだ早いようです。2月になってからの場所。10尺の
場所が浅いです。
26番に座った人は12尺で両グルテンの釣り。私と同じくらいは釣っていたと思いました。上手だと思いました。
元エサを小分けして押し練りして手水で水分を補給しながらよく練りました。それで60秒くらいまでは待ちました。そのように待てるエサにしてあります。
しかしアタリの絶対数がなかなか増えなかったです。
池全体がその様だと思いました。
大型1枚検量は606gで7位でした。